ネイチャーメイド・ディアナチュラ
数ある葉酸サプリのなかでも比較的低めの価格帯にある、ネイチャーメイドとディアナチュラ。

どちらも有名だし、手軽さでは甲乙つけがたい・・・。でもお腹の赤ちゃんにとって最善のサプリを選びたいから、きちんと情報を集めておきたいですよね。

どちらを選んだら良いのかわからない。葉酸サプリ選びに失敗したくない。

そんな人のために、この2つの葉酸サプリを徹底比較してみました。

ネイチャーメイドの特徴は?

ネイチャーメイド葉酸サプリ
ネイチャーメイドといえば、あの大塚製薬株式会社の製品です。

一瓶に150錠でお値段は700円ほど、1日2錠で葉酸400㎍が摂取できる計算になります。

安全基準は日本よりさらに厳しいチェック項目があるとされるアメリカFDAに準拠しており、含まれている成分が葉酸のみと、かなりシンプルなつくりになっているのが特徴です。

  • 含まれている栄養素は葉酸のみ
  • 合成葉酸使用
  • 添加物が多い
  • 錠剤が大きめ
  • においや味がほぼない

上記のように、妊活に良い成分が入っているとか、つわり中でも飲みやすくつくられているといった、妊婦さん向けに特化された商品ではないことがわかります。

ただし値段はかなりお手頃になっているので、自分で他の必要なビタミンが摂れるという人には、余計なものが入っていないため丁度よいかもしれません。

においや味に関してはほとんど感じられないという声が多いですが、敏感な人のなかには葉酸独特のにおいが気になる、つわり中は飲めないという人もいるようです。

利用者の口コミは嘘だった!ネイチャーメイドを飲んだ私の口コミレビュー

ディアナチュラの特徴は?

ディアナチュラ葉酸
ディアナチュラはアサヒフードアンドヘルスケア株式会社の商品です。

テレビCMなどでおなじみの人も多いですが、こちらもネイチャーメイドと同じく普通に薬局などで手に入れることができ、葉酸をメインで摂りたい人に人気の商品です。

お値段は60粒入りで600円弱、1日1粒で葉酸の1日の所要量が摂取でき、なおかつ葉酸の働きを助け、妊活にも定番のビタミンB6、B12も含まれています。

  • 1日1粒で葉酸の所要量を満たせる
  • 添加物も多い
  • 合成葉酸を使用
  • GMP工場で製造されている

ディアナチュラは以上のような特徴があり、安い価格のわりに最低限の部分はカバーできているという印象ですが、やはり本気で妊活を考えている人にとっては物足りないのも否めません。

ネイチャーメイドと同じでディアナチュラもやはり安さの陰には添加物の使用があり、無添加にこだわりたい人には向いていません。

大手企業の商品なので製造工程はかなりしっかりしており安心感はあります。

GMP工場で製造されているということは商品が「医薬品レベル」ということですから、その点は大きなメリットといえるでしょう。

利用者の口コミは嘘だった!ディアナチュラを飲んだ私の口コミレビュー

完全無添加の葉酸サプリから選ぶ

ネイチャーメイド・ディアナチュラの成分比較

ディアナチュラの成分表

サプリ
含有量
推奨
摂取量
食事平均
摂取量
葉酸(μg)

400μg

400μg

255μg

ビタミンB6(mg)

1mg

1.8mg

1.16mg

ビタミンB12(μg)

2μg

2.8μg

5.1μg

ビタミンC(mg)

なし

110mg

76mg

鉄分(mg)

なし

8.5mg
(21mg)

7mg

カルシウム

なし

700mg

450mg

ネイチャーメイドの成分表

サプリ
含有量
推奨
摂取量
食事平均
摂取量
葉酸(μg)

400μg

400μg

255μg

ビタミンB6(mg)

なし

1.8mg

1.16mg

ビタミンB12(μg)

なし

2.8μg

5.1μg

ビタミンC(mg)

なし

110mg

76mg

鉄分(mg)

なし

8.5mg
(21mg)

7mg

カルシウム

なし

700mg

450mg

この2商品の成分はかなりシンプルになっています。

とりわけネイチャーメイドは栄養素が葉酸のみと、まったく余計なものが含まれていません。

それに対しディアナチュラに含まれる栄養分は葉酸に加えビタミンB6、B12となっており、メインとなる葉酸の働きを助ける成分や、つわりを軽減するとされる成分もわずかながら含まれています。

ただビタミンB6は推奨摂取量が1.8㎎のところ含有量は1㎎、B12は2.8㎍のところ2㎍と、推奨摂取量に及びません。

食事から摂取可能なら良いですが、つわりの時期で満足に食事が摂れないときなど、葉酸サプリのみで所要量を満たせないのが苦しいところです。

妊娠中はビタミンB群が多く必要となりますし、水溶性ビタミンなので多く摂りすぎても尿として排泄されますから、少ないよりは多い方が安心だと言えるでしょう。

ネイチャーメイド・ディアナチュラの気になる添加物・安全性は?

ディアナチュラ葉酸の添加物成分表

ディアナチュラ葉酸の成分について

成分名 役割
還元麦芽糖水飴 添加物
セルロース 添加物
ステアリン酸Ca 添加物
V.B6 (ビタミンB6) 栄養素
葉酸 栄養素
V.B12 (ビタミンB12) 栄養素

完全無添加の葉酸サプリから選ぶ

ネイチャーメイド葉酸の添加物成分表

ネイチャーメイドの添加物

成分名 役割
乳糖 添加物
セルロース 添加物
ショ糖脂肪酸エステル 添加物
葉酸 栄養素

完全無添加の葉酸サプリから選ぶ

ネイチャーメイド、ディアナチュラともにお値段のお手頃な葉酸サプリとなっていますから、やはり無添加の商品のような手間はかけられないというのが実際のところのようです。

安全性に関しては、ネイチャーメイドはアメリカFDA基準、ディアナチュラはGMP工場での生産と両社ともかなり気を遣っている印象です。

ただし気になるのは添加物の方です。

それぞれ数種類の添加物が使用されていますが、人体への影響が検証されていないものや、大量摂取すると害があるとされている添加物も使用されているようです。

●ネイチャーメイドの添加物をピックアップ

乳糖

サプリの増量剤として使用される。牛乳が原料のため直接的な害はないものの、日本人に多い「乳糖不耐症」の人が大量に摂ると、下痢などの不調が起こることがある。

ショ糖脂肪酸エステル

増粘剤として使用される。大量に摂取すると下痢を起こす可能性があるほか、長期的な人体への影響は解明されていない。

●ディアナチュラの添加物をピックアップ

ステアリン酸Ca

乳化剤として使用される。医薬品などの添加物として長年利用されているものの、安全性に関しても毒性に関しても証明されていない。

それぞれ深刻な副作用など報告されているという情報はありませんが、長期的な安全性が証明されているものではないため、心配な人は避けた方が無難でしょう。

ネイチャーメイド・ディアナチュラの口コミ比較

有名メーカーの商品だけあって人気もそれなりに高く、ネットや雑誌などでの口コミも多く見受けられるというのが、この2商品の特徴でもあります。

ネイチャーメイドの良い口コミ

  • 価格が安い
  • 基準の厳しいアメリカFDAのチェックを受けて製造されている
  • 葉酸のみをシンプルに摂りたい人には嬉しい
  • においや味がない
  • においや味がほぼない

ネイチャーメイドの悪い口コミ

  • 添加物が多すぎる
  • 錠剤が大きすぎて飲みにくい
  • 乳糖不耐症持ちには飲むことができない
  • 葉酸以外のビタミンが含まれておらず、物足りない
  • 妊活向けの商品ではない

利用者の口コミは嘘だった!?ネイチャーメイドを飲んだ私の口コミレビュー

ディアナチュラの良い口コミ

  • とにかく安い
  • 1日1錠飲むだけで良い
  • ビタミンB6、B12が含まれている
  • 飲みやすい錠剤
  • GMP工場製造で安全性が高い

ディアナチュラの悪い口コミ

  • 添加物が多く含まれている
  • 錠剤が大きすぎて飲みにくい
  • 乳糖不耐症持ちには飲むことができない内容が物足りない

両サプリとも価格帯、添加物の量、成分がシンプルであるなどだいたい同じ位置にある商品なので、口コミもなかなか比較しづらい部分があります。

栄養素の種類に関しても「物足りない」との声が多く聞かれ、これから妊活、あるいは妊娠中の人は、途中で別のもっと充実した葉酸サプリに鞍替えする人もいるようです。

ネイチャーメイドとディアナチュラ、結局どちらを選んだら良い?

それではネイチャーメイドとディアナチュラの2商品のうちでは、どちらに軍配が上がるでしょうか。

結論から言うと、どちらかというとディアナチュラを選ぶ方が良いでしょう。

しかし、添加物も入っているため、妊娠希望の方・妊娠中の方にはおすすめできません。
健康のために葉酸を摂取したい方はディアナチュラを選んでください。

そのもっとも大きな理由は、

・1日1粒で済むこと
・ビタミンB6、B12が含まれていること

また体内で作ることができない栄養素の場合は外から補ってあげなければなりませんから、必要な栄養素はなるべく多く含まれている方が良いでしょう。

ネイチャーメイドの葉酸のみというのはどう考えても足りなすぎますし、健康な赤ちゃんを産むなら最低限のビタミンはカバーしている必要があります。

ただしどちらの商品にも大量の添加物が含まれていることは、注意すべき点です。

産婦人科の女医
ちょっとしたサプリならドラックストアに行くとコスパの良いサプリがたくさんあります。

中には葉酸サプリと名前のついたものもあり、有名な製薬会社であれば安心して利用できるのでは探している人も多いでしょう。

流通が多いドラックストアで販売するサプリと通販メーカーの葉酸サプリでは原料のコストに差があります。

通販であればユーザーとの取引ですから、無駄な経費やコストを削減しながら高品質の葉酸サプリを製造できます。

原料も通販サプリでは天然素材を使い、加えて必要な栄養素を配合しても低価格が実現するのです。

通販サプリの品質を、ドラックストアで展開するとなると価格が羽あがるばかりで売れなくなります。
と言えます。

もしもどちらかを選ぶのであれば、は上がります。

どちらも粒が小さくつわりの時期も飲みやすい事から、簡単に飲める葉酸としてリピーターもいるようですが添加物や放射能チェックがされているのかまでは不明ですし、妊娠の為に飲むサプリとしてどちらもおすすめする事はできません。

管理栄養士が推奨する葉酸サプリはこちら


管理栄養士が教える葉酸サプリの賢い選び方