めまい
近頃疲れやすく、貧血気味でめまいがすることがよくある・・・。

年のせいかな、なんて思いこんで症状を無視してしまうと、深刻な病に発展し、取り返しのつかないことになってしまうかもしれません。

貧血やめまいは女性なら誰もが感じたことのある症状ですが、それは葉酸が欠乏している証拠の可能性があります。

葉酸欠乏症とは?

葉酸欠乏症とは文字通り、体内の葉酸が欠乏することによって起こる症状です。

貧血やめまいのほか下痢、味覚障害などを伴う場合もあり、葉酸欠乏が深刻になると筋力低下、うつなど日常生活に支障をきたすほどの症状があらわれてきます。

普段から食生活が不規則だったり飲酒・喫煙の習慣のある人が陥りやすいとされており(アセトアルデヒドにより葉酸の腸からの吸収が阻害されるため)、妊活中の女性だけではなく一般の人でも注意した方が良い病気です。

産婦人科の女医
めまいは耳の病気やストレスでも起きやすく、脳に酸素が行き届かないと「くらくら」「ふわふわ」しためまいが起こります。

女性に多いのは、貧血からくるめまいで5人に1人が貧血持ちです。
女性が貧血になりやすいのは、生理があることや男性ホルモンが少ない事も原因の1つです。

男性ホルモンは、血液を作る指令をだすのですが女性にはこの男性ホルモンが少ない上に生理で血液を排出する事が多いので貧血になりやすくなっています。

貧血は血液が少ないことで、酸素の供給ができずに酸欠状態になっています。
めまいは脳に酸素がいかないと起きますが、葉酸不足による貧血になると心臓にまで血液が届かなくなりめまいだけでなく息苦しさも出てきます。
貧血は鉄分だけでなく葉酸不足にもより、赤血球が正常に作られなくなり本来の酸素を血液に送り出す作業が出来なくなります。ここまで来てしまうと、悪性貧血となり血液が増えないばかりでなく血管を脆くしてしまい動脈硬化や妊娠高血圧の原因を作り出してしまいます。

葉酸は卵子の質を高くしたり、赤ちゃんの先天性奇形予防だけでなく貧血を改善して身体を健康に保つ役割があるのです。葉酸欠乏症になってしまうと、赤ちゃんが成長しないだけでなく栄養や酸素を送り出す事ができなくなるので流産や死産へも繋がります。

食生活の改善や生活習慣の見直しに加えて、日頃から葉酸サプリを摂取することで、いつ妊娠しても良いように身体を作ることができますので、積極的に葉酸サプリを利用するようにしましょう。

管理栄養士・医師がおすすめする葉酸サプリはこちら

めまいをする前に葉酸をビタミンB12と一緒に

葉酸欠乏症によってめまいなどの症状が出ている場合、シンプルに葉酸をきちんと摂取することで改善することができます。
葉酸を多く含む食品で代表的なものは、ほうれん草をはじめとする緑黄色野菜やウナギです。

またビタミンB12は葉酸の造血作用と協調するため、葉酸の効果をきちんと吸収したい場合は葉酸とともにビタミンB12も一緒に摂取すると大変効果的です。

葉酸サプリで効率よく吸収し、めまいを改善しよう!

葉酸欠乏症からくるめまいや貧血などの症状を改善するには葉酸を摂れば良い、ということはわかりましたが、実際問題として葉酸を1日の所要量、食物のみから摂取するのは至難の業です。

たとえばほうれん草など加熱調理した場合、1束あたりの葉酸は110㎍に減ってしまいます。
さらに食べたあと吸収されるのはその半分と、たとえ大量に食べたとしても妊活・妊娠中の葉酸所要量である400㎍には遠く及ばないことがわかります。

一方サプリメントで摂取した場合、商品にもよりますが吸収率はグンと上がり、なおかつビタミンB12も含まれているサプリメントも多いですから、より効率的に葉酸を摂取することができるのです。

葉酸欠乏症のめまいはこうしてきちんと葉酸が吸収できていれば改善されるものですから、ぜひサプリメントを活用して、効率よく摂取したいですね。

>>400μgの天然酵母の葉酸サプリはこちら


管理栄養士が教える葉酸サプリの賢い選び方