蕁麻疹
葉酸サプリは手軽に多くの栄養素を摂ることができるので、人気のあるサプリメントですが、まれに蕁麻疹がでたり、副作用が起きる場合があります。一体どういう時にこのような事が起こるのでしょうか?

葉酸を摂取して蕁麻疹がでる場合とは?

それは1日に必要な葉酸の量規定値を遥かに超える量(1日1000㎍位上)の葉酸を過剰に摂取した場合です。
葉酸は食べ物からも摂取することができますが、それは葉酸の特質上ごく微量ですので、これは葉酸サプリを大量に飲んだ場合に起こる副作用と言えるでしょう。
いくら体に良いとされている葉酸サプリでも規定の量を超えて服用することは体に害を及ぼし、副作用の危険があるので絶対にやめましょう。

また葉酸の過剰な摂取による典型的な副作用は蕁麻疹が出ることだと言われています。

葉酸過剰摂取で、蕁麻疹がでるのは何故?

ではなぜ葉酸の過剰摂取で蕁麻疹が出るのでしょうか?

その理由は主に、葉酸の質にあると言われています。

市販されている葉酸サプリは実に多くのものがあります。

ここで安易に値段だけで葉酸サプリを選んだり、安全面にもこだわらずに質の低い葉酸サプリを選んでしまったら、蕁麻疹や、発熱、嘔吐と言った副作用に悩まされることになるかもしれないのです。

例えば、【モノグルタミン酸型】の葉酸サプリは添加物があり、体内への吸収率も悪いため、自分自身で葉酸の効果を感じにくい事があります。それでついつい、多めに摂取してしまうと後に、蕁麻疹やその他の副作用を発症する原因になるのです。

このようなことから、体内に入れる葉酸サプリはどれも同じだろうと安易に考えず、100%無添加、100%天然成分であることなど、しっかりとした知識を持ってその質に拘る必要があるのです。

産婦人科の女医
蕁麻疹を経験したことがない人は少なく、何かしらかゆみを伴う湿疹が出てしまった事はあると思います。

葉酸摂取で蕁麻疹が出る原因としては、身体が葉酸を異物として認識しヒスタミン物質が血管を拡張させてしまうので皮膚が赤くなりかゆみを伴うようになります。アレルギー性の蕁麻疹は、食物で起こりやすく葉酸もその1つです。

葉酸サプリに含まれる、モノグルタミン酸の葉酸は食品から抽出されたものですから吸収率も高く栄養が体内に届きやすくなっています。規定の量を守っていれば、不要な分は老廃物として排出されていきますが過剰摂取してしまうことにより、葉酸をアレルゲンとして身体が認識し蕁麻疹を発生させてしまいます。

これは葉酸だけの問題ではなく、葉酸サプリの品質になんらかのアレルギーの原因となる化学物質が含まれていると起こりやすくなると考えられます。

また葉酸サプリを飲んでいるからと、アレルギーの原因にもある添加物が過剰な加工品を毎日大量に摂取してしまえば蕁麻疹を発症する要因を自ら作り出しているようなものです。

葉酸サプリの量を守っているにも関わらず、蕁麻疹がでる場合は食事で葉酸を摂取し過ぎていたり、締め付けのある下着や衣類を身に付ける事で物理的な刺激を与えていないか考えてみましょう。

ストレスが強い人や、血行が悪い場合には運動や入浴により蕁麻疹が出やすくなります。
アレルギー体質の人は特に、蕁麻疹になりやすいので治療で改善しながら、物理的な刺激を避けつつ葉酸の過剰摂取に気をつけなくてはいけません。天然葉酸を成分にした、葉酸サプリで添加物等もできるだけ含まれていないものを選ぶ事で蕁麻疹に患わされる事もありません。

葉酸も過剰摂取は毒になる事をしっかりと頭に入れておきましょう。

管理栄養士・医師がおすすめする葉酸サプリはこちら

葉酸の過剰摂取は普通の生活ではならない

葉酸の過剰摂取の危険性について書きましたが、副作用が起こるという研究結果はでていますが、過剰摂取になる事自体がごくまれな事だと言われていますので、そこまで神経質に気にすることはありません。

それは、普通の生活を送っていると、葉酸を過剰に摂取することはおそらく殆ど無いからです。

食べ物から摂取する葉酸の量が平均で、230㎍~250㎍だと言われています。
これに葉酸サプリから摂取する量およそ、400㎍を加えても過剰摂取であると言われる量の100㎍には到底届きません。

1000㎍を超えることが考えられるのは2日~3日分の葉酸サプリを一度に摂らない限りはそのような過剰摂取になる事はないのです。

また葉酸は体内でずっと留まるものではなく、尿として排出されるものですので、その事からも葉酸の過剰摂取になる可能性は極めて低いと思われます。

まとめ

葉酸の過剰摂取から蕁麻や副作用が起こる事はまれにあるのですが、通常の生活を送っている中で過剰摂取と呼ばれるほどの葉酸を摂取する事は、それほど多くはありません。

しかし、葉酸サプリ選びを失敗すると副作用が起きるリスクも増えますし、その他の様々なリスクも増えます。そのような事から身を守るためにも、サプリ選びは慎重にする必要は充分にありますので、覚えておきましょう。


管理栄養士が教える葉酸サプリの賢い選び方