生理前に胸が痛くて落ち着かない、ブラジャーも出来ないくらいに痛む、眠れない。このように毎月事とはいっても、痛みが強く日常生活に支障が出るようになるとなんとかして解決しなくてはなりません。

ただでさえ、生理前には気分も良くありませんし落ち着かないのに困りますね。生理前にどうして胸が痛い張るのでしょうか?その原因と対策をどのようにすればよいのかをまとめます

生理前に胸が張る原因とは?

胸が痛い女性
女性特有の胸の痛みは、思春期に生理が始まった女性なら誰でも経験するもの。女性ホルモンの変動により、乳腺細胞が変化すると痛みが生じます。妊娠超初期にも同じように体の変化により痛みを感じるようになります。

 

月経前症候群(PMS)

生理予定日の約1週間前から、黄体ホルモンが卵胞ホルモンよりも盛んに分泌されるようになり、排卵の準備に入ります。体の中でホルモンが逆転するようになるので心身共に不安定になり不調があらわれます。これが月経前症候群と呼ばれるもので、生理前中にも辛い症状として女性を苦しめます。

  • 胸が張り痛む
  • 吐き気や頭痛が起きる
  • 眠気が強くなる
  • イライラして気持ちが落ち着かない
  • 気持ちの浮き沈みが激しい

排卵を促す卵胞ホルモンが、盛んに分泌されるようになると乳腺も同時に発達していきます。排卵した卵子が受精卵になった場合、母乳を作り赤ちゃんを育てる体へと作り上げるからです。血管が拡張する事で胸が痛くなったり、張りやすくなります。生理前には、特に痛みが強くなり体調が悪くなりやすいのです。

月経前症候群を乗り越えるのは生活習慣対策

多くの人は生理が始まると、不快な症状は治まりますが、ホルモンバランスが不安定な思春期から成長期には生理痛として、月経前症候群のような症状がでる事もあります。ホルモン分泌は人により差がありますので、毎月同じような症状や辛さを繰り返すわけではありません。

体を冷やさない・睡眠はしっかり取り夜更かしをしない・食べ過ぎや飲み過ぎを防ぐ、などの生活リズムをしっかりすることが症状を軽減させます。女性ホルモンのバランスを整える大豆製品や、良質のタンパク質をたっぷりと摂取する事で不安定な体を守ることも大切。

できるだけ塩分を控え、カルシウムやミネラルをたっぷりと摂取します。むくみやすい時期ですから、カリウムの豊富な果物をできるだけ摂取して体を軽くしておきましょう。

月経前症候群は、気分がすぐれないので胸の痛みがするとイライラはつのり、何をしても手につかなくなります。このストレスがより、ホルモンのバランスを崩しますので、軽いストレッチで心身共にリラックスできる時間を作りましょう。

妊娠による胸の痛み

妊婦
生理前になると胸がはってきますので、妊活中の人は自分の生理予定日を過ぎないと妊娠しているのかそうでないかを判断することができません。

生理前なのか妊娠超初期症状かを見分けるには、胸の張り方と何時からはっているかの違いです。生理前に胸の張りは、早い人で生理が始まる2週間から10日前から始まります。生理が始まると、胸の張りや痛みは和らぎ、腰痛や腹痛などの生理痛や、吐き気などに変化していきます。

妊娠超初期症状でも、同じような時期からチクチクした痛みやハリが起こります。自分の生理開始予定日過ぎても症状が続いている、張りや痛みが強くなり乳首も痛みがするようになったら妊娠検査薬で検査してみましょう。

産婦人科の女医
妊娠超初期に胸の痛みがすべての人に起こるわけではありませんが、妊娠前に胸が張りやすい人は妊娠初期にも胸の痛みを感じやすいようです。いつもとは痛みの感覚が違う・いつもは痛くないのに生理予定日すぎに痛みが治まらないような場合には妊娠を疑ってよいでしょう。

管理栄養士・医師がおすすめする葉酸サプリはこちら

妊娠してもこの痛みは続く?

妊娠すると、母乳を作るために乳腺と乳管が発達していきますので胸も大きくなり張りも強くなっていきます。胸が大きくなるだけでなく、乳輪が大きくなったり色に変化があらわれるなども目立つようになります。妊娠中に胸の痛みは個人差がありますが、ブラジャーをマタニティ用にして刺激を与えないようにあうるなど工夫をしましょう。

乳腺症による痛み

乳腺は母乳を作るための臓器ですか、これが切れてしまうとバストの位置が下がり美しいバストをキープできません。この乳腺が炎症を起こすと、胸が痛いチクチクと痛むのですが、特に生理前に痛みのピークがやってきて、時期に治まりますが「生理が始まっても痛みが取れない」こともあります。

最初はチクチクした痛みだけなので、ブラジャーのサイズが合わない・かぶれたなど外的なトラブルが原因だと気にしない事が多いです。ところが痛いところにしこりがあったり、触るとズキズキするなどの症状も起こるので「ガンかもしれない」と慌てて婦人科に検診に訪れる人も少なくあらりません。痛みだけでなく、乳頭から液体が出ることもあるので、ビックリしてしまうでしょう。

乳腺症の原因

乳腺症の原因ははっきりとはしておらず、性ホルモンの影響が乳腺組織に影響を与えることで痛みやしこりが発生すると考えられています。乳がんではないかと焦る人もいますが、乳腺症が乳がんに発展することはありません。

乳腺症は、胸の痛みや乳がん検診で発見されることが多く、痛みが軽い場合には特に治療はせずに生活習慣に見直しをしながら様子を見ていきます。痛みが強く日常生活に支障がでるような場合には、ホルモン治療により痛みを取り去っていきます。

ホルモンバランスを整えるためにも葉酸は必須

葉酸には素晴らしい力があり、あらゆる不快な症状に働きかけ体を守ってくれます。妊活や妊娠中だけに葉酸を摂取すれば良いのではなく、女性は将来的な事を視野に入れて普段から葉酸を摂取すべきなのです。胸の痛みも、女性ホルモンが深く関わっていますので妊娠を視野に入れた時だけでなく、自分の体を整えるためにも葉酸を日頃から摂取しましょう。

月経前症候群に対する葉酸の働き

ホルモンバランスの乱れは、体だけなく精神にも大きな影響を与えます。自律神経のバランスが崩れてしまうことによって、より体には不快な症状がおこり精神的にも不安定になっていきます。

実際に月経前症候群がが辛すぎることで、うつを発症してしまう人もいるくらいですから「毎月のことだから我慢すればいい」問題ではありません。性ホルモンのバランスが乱れると同時に、セロトニンの分泌が悪くなることで精神的に不安定になってしまいます。

重症の場合にはホルモン治療が必要ですが、月経前症候群を患う女性の多くが貧血であり鉄分や葉酸が少ない事もわかっています。生理前の状態で貧血状態なのですから、実際に生理が始まって出血が始まると体内の血液が不足するので、生理痛症状が悪化し寝込んだり・倒れてしまいまうのです。

妊娠超初期に対する葉酸の働き

普段は特に貧血症状を感じない人も、鉄分や葉酸が慢性的に欠乏していると「隠れ貧血」になってしまい、内臓にある貯蔵する鉄分「フェリチン」が少くなってしまいます。正常値を大幅に下回ると、卵子が正常に作ることができなくなり質が低下して染色体異常のリスクも高まります。

食事のバンスが悪く、糖質の多い食事を繰り返していると体に必要な栄養が蓄積することができないのです。体の元気・生理前の胸の痛みを含めた深いな症状を改善するためには「栄養のバランスを考えた食事」と生活習慣の凱善が大切です。

吸収率の高いヘム鉄、吸収をサポートするビタミンB群の摂取は勿論、ビタミB6・葉酸・B12をバランス良く摂取したいもの。食事ではなかなか、これらを十分に摂取することが難しいのですが、葉酸サプリであれば貧血を改善して、月経前症候群を楽にするだけでなく生理中の不快な症状を軽減することができます。

葉酸は血液を作る造血作用があるので、体の巡りを良くしてホルモンが円滑に働ける環境を作ってくれます。体の不調だけでなく、精神的な不安にも働きかけますので生理前の辛い胸の痛みも和らぎます。血行を促すことで、乳腺組織にもよい影響を与えてくれます。

産婦人科の女医
痛みがあると、イライラもどんどん強くなりますし、痛みに神経がいってしまうので気持ちまでもが鬱々としてしまいます。葉酸には造血効果以外にも、自律神経に働き安定させる作用がありますので、抗うつ剤としても葉酸摂取をすすめることもあるようです。

管理栄養士・医師がおすすめする葉酸サプリはこちら

葉酸はすべての女性の体を守ってくれる大切な栄養素

ほうれん草
妊活や妊娠初期から摂取するものだとイメージなありますので、未婚の女性には関係がないものと考えられがちですが、現代人は野菜の摂取量が少なく、慢性的に葉酸が不足しています。

このような生活が長く続くと、生理前の不快な胸の痛みだけでなく、妊活や妊娠にも影響を与えることになります。葉酸は人間に必要な栄養素の一つでなくてはならない栄養です。食事で摂取が難しいのならサプリで効率良く摂取しましょう。

葉酸選びは慎重に、そして質の高い葉酸を選びましょう

葉酸は女性の不調を解消するために日常的に摂取していただきたい栄養素です。毎月の生理の不調を薬で誤魔化しても、体質が改善することはありません。根本的な栄養の不足は、食生活と補助してくれるサプリメントでバランスよく体にいきわたらせることです。

妊娠の1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月目までが一番葉酸を必要とする時期です。妊娠してから摂取するよりも、妊娠を希望して計画を立てた時から十分な葉酸と栄養を摂取することで元気な赤ちゃんを授かることができます。

遡って考えると、将来的に妊娠を希望する女性は早くから葉酸サプリで栄養を摂取しホルモンバランスを正常化して「いつでも妊活を始めることができる」ような体つくりをすべきです。

葉酸はモノグルタミン酸型の合成葉酸!

「食事で葉酸はしっかり摂取しているから、自分には葉酸サプリは必要ない」と考えている人もいるかもしれません。食事で摂取できる天然葉酸については、卵子の質や妊娠中の不快な症状にどう働きかけるのかははっきりとしたことがわかっていません。

モノグルタミン酸型の合成葉酸は、体への吸収が高いのでサプリで葉酸を摂取することが推奨されているのです。天然葉酸だから体に良いはずと、天然葉酸を選ぶのではなく「天然素材を原料にした合成葉酸」を必ず選びましょう。

まとめ

葉酸は薬ではありませんので、サプリを飲んでいるから生理前の胸の痛みがなくなるわけではありません。葉酸サプリを飲みながら、食生活や生活習慣をしっかり見直すべき。日頃から自分の体をしっかり管理することで、いざ婚活を始めようと思った時に焦ることもなくなります。

葉酸サプリには葉酸以外にも豊富な栄養が配合させていますので、色んなサプリをあれこれと飲まなくても十分に足りない栄養をカバーすることができます。毎月生理前に胸が痛んでしまう人は、葉酸サプリでホルモンバランスを整え、気分良く生理を乗り越えていきましょう。

葉酸サプリを早くから摂取することによって、妊娠してからの不調を軽減することができますので、妊活を考えたらまずは葉酸サプリ選びを始めましょう。

管理栄養士が教える葉酸サプリの賢い選び方