ルイボスティーがつわりを和らげる効果があるというのは本当なのでしょうか?
妊娠すると今までとは劇的に変化をするので、気持ちと体がついていきません。

中でもつわりにルイボスティーが良い効果をもたらすために、不快感を軽減する為飲んでいただきたいものです。健康な赤ちゃんを育てて出産するまでの期間を快適に過ごす為にルイボスティーの素晴らしい効能を紹介します。

つわりだけではないルイボスティー!妊活から産後まで飲める


不老長寿のお茶として昔から飲まれていたルイボスティーは、マメ科の植物の葉を乾燥させて作られています。

妊娠中の不快なつわりを軽減するだけでなく、健康維持にも非常にすぐれたお茶として日常的に飲まれています。アンチエイジングや妊活、そして妊娠中の不快なつわりもルイボスティーが解決してくれます。

ルイボスティーがつわりに良いのはどうして?

ルイボスティーがつわりに良い理由1:安心のノンカフェイン

カフェインには中毒性があり、コーヒー等は好きな人は毎日何杯でも飲むようです。

妊娠するとママが摂取したものは、良くも悪くも胎盤から赤ちゃんへと届けられます。妊娠するとカフェインが分解されるまで時間がかかるので、赤ちゃんにも届くよいうになると発育障害だけでなく死産リスクが高くなります。

それだけでなく妊娠高血圧にもなるので、できればコーヒーも我慢した方が良いとされています。コーヒーをやめられない事がストレスになるのなら、1日アメリカンを1杯に留め、水分補給としてルイボスティーを飲むようにすると良いでしょう。

カフェインは摂取しすぎると気持ちを不安定にさせますし、ルイボスティーにはつわりを抑える効果があるとも言われます。つわりが酷くても、水分だけはしっかりと補給しないと脱水症状を起こします。

水より口当たりもよく飲みやすいルイボスティーは、つわりでも飲みやすいのでおすすめです。

ルイボスティーがつわりに良い理由2:豊富なミネラルで気分もスッキリさせてくれます

ミネラルは体内では作る事が出来ませんから、食事での摂取が大切です。ミネラルの中でもカルシウムやマグネシウムは妊娠中に大切な成分で、精神的な不安を取り去りストレス解消します。つわりで不安定な時期にルイボスティーを飲むことで不快な症状をやわらげて気持ちをスッキリさせる事ができます。

ルイボスティーがつわりに良い理由3:お腹もスッキリ!腸内環境を良くします

つわりが酷いと食事も摂取できなくなるので、便秘になりやすくそれがよりつわりを辛くさせる事もあります。

それだけでなく水分の吸収が良くなるために便が硬くなりやすくお通じがあってもなかなかスッキリしなくなります。無理に便を出そうとすると、痔になってしまう事もあるので注意が必要です。

ルイボスティーでは水分補給だけでなく整腸効果もあるので快適な毎日をサポートしてくれます。

ルイボスティーがつわりに良い理由4:肌トラブルにもルイボスティー

つわりの始まる妊娠初期は急激なホルモンの変化により肌荒れも起こしやすくなります。

少しの刺激もトラブルの元になるので注意したいもの。ルイボスティーを飲むことで内側から肌を美しくする効果を得られるので、毎日飲むのがおすすめです。

ルイボスティーはつわりの時の貧血やめまいの予防にも

つわりが始まると、イライラやむくみと同時にめまいを起こしやすくなります。

赤ちゃんが成長するにつけて造血はするものの赤血球の量が増えるわけではないので、血液が薄くなり貧血を起こしてしまいます。つわりだけでも苦しいのに、貧血まで起こしてしまうと立ちくらみを起こして倒れてしまう事も。
転んで流産しやすい時期ですから、鉄分が含まれるルイボスティーはとても良いものです。

利尿作用でむくみを改善

子宮が大きくなると下半身の血行が悪くなり、むくみや足のつり等も起こりやすくなります。特につわりが始まる妊娠初期は運動も控えて体をいたわる時期ですから、よりむくみが起こりやすくなってしまいます。

利尿作用や血行促進効果のあるルイボスティーを飲むことで、下半身のむくみを改善したりする事もできるので寝込んでしまうくらいにつわりが苦しい時も体を軽くしてくれます。

つわり時期から飲みたい!ルイボスティーの選び方

ルイボスティーはペットボトルでも販売されていますし、ドラッグストアやスーパーでも見かけます。

ルイボスは1種類ですが、成分量や安全基準はメーカーにより異なるので価格も幅があります。正直に言えば、値段が安いものはルイボスの品質もそれなりですから味もそれなりです。たくさん飲むからと安価なルイボスティーを選んでしまうと「ルイボスティーは美味しくない」と思ってしまうのです。

ルイボスティーは緑茶や紅茶のようにカフェインが含まれていないので渋味やコクを感じることがありません。

どちらかといえばあっさりした味なので、慣れるまでは味気ない気がするかもしれません。ですが飲み始めると、後味もよくスッキリしたルイボスティーにハマってしまいます。とくに妊娠中は水よりも、淡白なルイボスティーはとても飲みやすく感じます。

美味しいルイボスティーは、茶葉のグレードが高くオーガニックであるものを選びたいもの。つわりが過ぎても、水分補給やリラックスする時間に美味しいルイボスティーを飲んで気分もスッキリさせたいものです。

ルイボスティーを選ぶポイントはこの4つ

  • グレードはスーパーグレード
  • オーガニック認定を受けている
  • 茶葉の鮮度が良い
  • 煮出して飲める

茶葉には等級があり、日本に輸入されているのはスーパーグレード及びチョイスグレードがメインです。

このスーパーグレードは、ルイボスの中でも10%未満の高品質で、そのなかでもランクが分かれていますので上を見ればきりがありません。まずはスーパーグレードの茶葉を使用しているのかチェックしましょう。

オーガニックに関しては、どのメーカーもオーガニック認定は受けています。

「有機JASマーク」は日本国内でのオーガニック認定ですが、国際機関であるエコサートの証明があるルイボスティーは厳しい審査があるのでこれがあればより安全性が高いです。ルイボスティーを始めて飲むのであれば有機JASマークのものでも十分です。

問題は鮮度です。昔は「お茶屋」で量って茶葉を購入しましたが近年はパックに入っているので「長持ちする」イメージがあるように思います。美味しいお茶は鮮度が命ですから、特にルイボスは輸入してから鮮度が落ちやすいのです。

産婦人科の女医
つわりの辛さを解消するだけでなく、自分や赤ちゃんの健康に飲むルイボスティーですから新鮮なルイボスを飲みたいもの。

自分にあったルイボスであればブランドにこだわる事はありませんので、ルイボス専門で探すのも妊婦専用に開発されたものを飲むのも自由です。

つわりを解消する美味しいルイボスティーの飲み方

つわりが辛い時には、常温でゆつくりと飲むのが一番ですがレモンやオレンジを搾って飲むとビタミンCの吸収が高くなります。ショウガの搾り汁を温かいルイボスティーに垂らせばジンジャーティーとしても楽しむことができますので試してみてはいかがでしょうか。

ルイボスティーは自分に合ったものを選びましょう

ルイボスティーは妊活から産後まで、赤ちゃんからお年寄りまで飲める健康にとてもよいお茶です。

このルイボスティーは煮出し方や飲み方で色んな効能を高めることができるので、妊娠中にルイボスティーをどのように飲めばよいのか、つわりの時の効果的な飲み方などをサポートしてくれるメーカーであるかも選ぶ基準にしてみてください。メーカーによって飲みやすさも異なりますので、色んなものを飲み比べて決めるのも良いでしょう。

ルイボスティーは煮出して成分を抽出する事で効能が高くなります。簡単な水だしタイプは薄まった成分しか抽出されませんので「煮出しできるか」をしっかりチェックしてください。

ルイボスティーはオーガニック認定を受けていますが、中でもエルバランシアの証明があるものは世界的に認定されたルイボスティーですから、つわりを軽くしたり赤ちゃんの為に飲むのであればエルバランシアがおすすめです。

つわり時におすすめのルイボスティーはこちら

プレミアムオーガニック・ルイボスティー ティーライフ


980円から飲めるルイボスティーはこちら

エルバランシア


エルバランシアを最安値購入するならこちら

管理栄養士が教える葉酸サプリの賢い選び方