ミトコンドリア
葉酸とミトコンドリアは妊活の時に摂取すると良いとされていますが、どっちが効果的なのでしょうか?

妊活を始めるとまず必須と言われるのが葉酸の摂取ですよね。

でもなかなか授かることができず妊活が長引いてくると、葉酸を飲んでいるだけでは足りないのではと思う女性も多いようです。

葉酸のほかにも「妊活に良い成分」として代表的なのが、マカやザクロ、イソフラボンなどです。実際葉酸サプリにこれらの成分が含まれている場合もありますね。

また近年妊活に効果を発揮すると話題となっているのが、「ミトコンドリア」です。

中学校の理科で聞いたことがあるような・・・という感じかもしれませんが、じつはこのミトコンドリア、非常に妊活効果が高いと評判なのです。

葉酸とミトコンドリア、どちらがより妊活に効くのか検証してみたいと思います。

「ミトコンドリア」とは?

ミトコンドリア
ミトコンドリアは細胞質の40%を占め、細胞の酸素呼吸の場となっています。

細胞の活動に必要なエネルギー代謝、DNA伝達はこのミトコンドリアによって行われており、人間の活動の源、細胞分裂の主役とも言われています。

またカルシウムや鉄、脂肪酸の調整も行っており、全身の代謝を司る非常に重要なものでもあります。

最近ではミトコンドリアの弱まりががん発症の原因になることもわかっており、まさに人間の生命の核となる細胞となっています。

ミトコンドリアは卵子を若返らせる?


そんなミトコンドリアは全身の活動を司るものであることから、妊娠にとっても非常に重要な役割を果たします。

中でも妊活女性にとって大きな関心事である「卵子の老化」にミトコンドリアが関わっていることは、割と有名な話でしょう。

ミトコンドリアが活発に働いているうちは卵子が若々しくフレッシュに保たれますが、年齢とともにミトコンドリアも弱まり、それが卵子の老化につながるということです。

妊活におけるミトコンドリアの役割という文脈でよく語られるのは、ミトコンドリアを活性化して「卵子を若返らせましょう」といった内容ですが、じつはこれは間違いです。

ミトコンドリアを活性化させるといわれる方法はいくつかありますが、「卵子を若返らせる」ことは事実上不可能なのです。

可能なのは卵子の老化を「食い止める」ことで、一旦年を取ってしまった卵子は決して若返ることはないのです。

妊活におけるミトコンドリアのメリット

卵子を若返らせることが不可能ならば、ミトコンドリアを摂ったり活性化させる努力をしても意味がないのでしょうか。

じつは、妊活目的でミトコンドリアを摂ること、活性化させることは以下のような理由で非常に有用です。

  1. 卵子の老化を防止する
  2. 代謝を良くし、細胞を活性化する
  3. 細胞分裂自体も活発になる

まずミトコンドリアが活発である=細胞が若い(若々しく保たれる)ということなので、卵子が年齢とともに老化してしまうのを防ぐことができます。

卵子の老化は高齢妊娠・出産が増えた現代では不妊の代表的な原因ともなり、非常に深刻な問題です。

ミトコンドリアを活性化することで卵子の時間を遅らせることができるほか、卵巣の機能も高めてくれるため、子宮をより妊娠しやすい状態に整えることができるのです。

さらに細胞がフレッシュになることで細胞が活性化し、代謝がアップ、細胞分裂が活発になることで子宮内膜を厚く健康に準備することに貢献します。

これらの効果から、葉酸で子宮を整えることに加えて、より卵巣や卵子の細胞そのものに働きかけるミトコンドリアにも注目が集まっているのです。

葉酸を摂ることでミトコンドリアを活性化

葉酸で染色体を予防するなら葉酸サプリを利用しよう

葉酸は食事だけで補うのは不可能!その理由とは?

ミトコンドリアの妊活における素晴らしい効果は見逃せませんが、結果を出したいなら、やはり葉酸も外せません。

葉酸の妊活における代表的な働きは、以下の通りです。

  1. 子宮内膜の肥厚
  2. 卵子の老化を防止
  3. 代謝の促進
  4. 細胞分裂の促進
  5. 造血作用
  6. もうお気づきかもしれませんが、造血作用を除いては、葉酸の働きとミトコンドリアの働きは非常に似通っているのです。

    もっと言うと、「葉酸はミトコンドリアの働きを助ける」というのが正しい言い方でしょう。

    上述したようにミトコンドリアは細胞そのものの呼吸や代謝の核となっており、生命活動の源でもあります。このミトコンドリアの栄養となる=活性化させるエネルギー源となるのが、葉酸なのです。

    直接的には果物などに含まれるカリウムがミトコンドリアの働きを活発にするのですが、葉酸はその働きを下支えすることができる栄養素なのです。

    妊活には葉酸!とこれほどまでに言われるのは、葉酸がミトコンドリアの働きを助けるからなのですね。

    ですから「葉酸とミトコンドリア、どっちを・・・」と考えるのは少し違っていて、葉酸を摂ることとミトコンドリアの活性化は両輪であると考えるのがより近いでしょう。

    葉酸以外にミトコンドリアを活性化させる方法

    栄養を食事
    ミトコンドリアを活性化させるのに葉酸の摂取が非常に有効であることはわかりましたが、それ以外にもいろいろと方法はあります。

    なにしろミトコンドリアは人間の全身の活動を司る細胞であり、なんと全体重の10%もの重量を占めるとも言われていますから、それなりのアプローチ方法があります。

    カリウムを摂取

    ミトコンドリアはおもにカリウムをエネルギー源として活動します。
    カリウムは果物や野菜に多く含まれるため、これらの食物を意識して摂ることで、所要量は満たすことが可能です。

    深呼吸

    ミトコンドリアは1つの細胞の40%を占め、細胞の酸素呼吸の場となっているという説明をしました。
    1日のなかで深呼吸をする時間を作って新鮮な空気を取りこんであげることでミトコンドリアの働きが強まり、細胞が活性化し、結果的に妊活に良い効果をもたらすことが期待できます。

    運動

    とくに有酸素運動をすることでミトコンドリアがカリウムと結びついて活性化することができ、代謝が活発になります。
    体の風通しが良くなるため、老化の原因となるストレスによる酸化を予防することにも有効です。

    断食

    ミトコンドリアを増やし、活性化するのにもっとも有効とも言われるのが、断食です。
    体が空腹を感じることで、ミトコンドリアはエネルギーを供給しなくてはならないとの危機感からより活発になり、数も増えます。

    このようにミトコンドリアには呼吸や断食など、生命活動そのものに関わる部分を刺激することで活性化されるという、人間の活動を司る根源的な細胞らしい特徴があります。

    ひとつ注意が必要なのは、朝ごはんだけを抜くという半断食ではなく本格的な断食には、

    必ず医師や専門のトレーニングを受けた指導者のもとで行わなければ危険だということ

    です。

    自己判断で断食を行うことはエネルギー代謝のバランスが崩れ、ミトコンドリアの活動に返って悪影響となるだけでなく命に係わることもありますので、絶対にしないでください。

    葉酸とミトコンドリアは両方大事!

    葉酸かミトコンドリアか、という話で始まりましたが、結論としては、葉酸とミトコンドリア両方大事!ということになります。

    ミトコンドリアと葉酸の働きはオーバーラップしていますが、これはミトコンドリアの活動に葉酸が関わっているからで、どちらが欠けてもうまいこと効果を発揮しないのです。

    突き詰めてみると人間のすべての生命活動はミトコンドリアに行き着くと言っても過言ではありませんので、もちろん妊活にも大事であるということを意味します。

    近頃ではミトコンドリアを含んだ妊活サプリも発売されていますから、それらを飲んでも良いでしょうが、やはり基本は葉酸サプリをしっかりと摂取すること。

    それに加えてミトコンドリアの性質をしっかりと知った上で、ご紹介した活性化させる方法を実践することです。

    葉酸とミトコンドリアを同時に摂取できるのがプレグルCB-1


    管理栄養士が教える葉酸サプリの賢い選び方