子宮内膜
赤ちゃんがすぐにでも欲しいのに、なかなか授からない。もしかして不妊?

そんな不安を抱えてクリニックでの検査を行った結果、子宮内膜が薄いと言われた・・・そんな妊活女性は多いことと思います。

もしかしたら、子宮内膜の薄さが不妊の原因だなんて知らなかったという人もいるかもしれません。でも健康な妊娠には、1にも2にも子宮内膜の状態が大きく関係してくるのです。

妊娠に最適な子宮内膜の厚さとは

子宮内膜が薄いと言われても、症状もありませんし、具体的にどの厚さが妊娠に良いのかというのは想像しにくいかと思います。
子宮内膜は排卵の前までの期間に1日0.5ミリともっとも厚みを増してゆきます。そして着床時に厚みが最大となり、受精卵を迎え入れる準備が完了するのです。

受精卵をきちんと着床させるのに必要な内膜の厚さは8ミリと言われており、一般的には10ミリ以上の厚みがあることが理想とされています。
さらに着床期の厚みが15ミリ以上になると着床率もグンと上がり、基準として着床期に8ミリ以下の子宮内膜を「薄い」と判断します。

中には妊娠に必要な最低限の厚さといわれる「6ミリ」で妊娠するケースもありますが、根付きづらかったりといった理由で、妊娠の継続には注意が必要なことが多いようです。

子宮内膜が薄くなる原因

子宮内膜が薄くなる原因には、以下のようなものがあります。

ホルモンの分泌異常

子宮内膜の成長にもっとも関係の深いホルモンが「黄体ホルモン」といわれる女性ホルモンです。

黄体ホルモンは着床期に子宮内膜を厚く、フカフカに整える作用がありますから、その働きが弱いということは「黄体機能不全」という症状が考えられます。

黄体機能不全は数ある不妊の原因のなかでも多い割合を占めており、これを改善するだけでもあっさり妊娠してしまうというケースもあるようです。

子宮内膜の代謝、血流が悪い

妊活中は冷えが大敵といわれるのは、冷えによって血行が悪くなり子宮内膜の細胞増殖が妨げられるからです。

結果的に内膜が十分育つことができず、薄いままで排卵、着床期を迎えてしまうということになるのです。

人間の肉体の老化

人間の肉体の老化は活性酸素によって進められることがわかっており、子宮内膜もその影響を受けています。

薄い子宮内膜は健全なそれに比べて酸化ストレスを強く受けていることが研究によりわかっており、抗酸化作用のあるビタミンCなどの長期投与により内膜の薄さが改善されたという報告もあります。

子宮内膜と妊娠の深い関係

アメリカの産婦人科医の共同研究チームによると、体外受精の際のHCG注射による子宮内膜の厚みが実際の妊娠率を大きく左右するという結果が出ています。

被験者が妊娠した周期の内膜の厚さの平均は11.9ミリ、それに対して妊娠しなかった周期の平均が11.3ミリと、有意な差が見られました。
これは子宮内膜の厚みが妊娠率に関係するということであり、厚い方が着床率が良くなるということを意味します。

妊娠率に関しては、人間の肉体の老化子宮内膜の厚みが正常な妊娠の下限である8ミリの場合およそ53%、その倍の16ミリだと77%と、大きな差があります。

さらに出産まで至る確率は8ミリの場合45%ほどなのに対し16ミリが67%となっており、着床だけでなく妊娠の継続にも関係していることがわかります。

もちろん妊娠には子宮内膜の厚さだけでなく卵子の質や母体のストレスの度合いなど様々な要因が関わってきます。

ですが子宮内膜が薄いということは妊娠率、さらには出産率まで大きく影響すること、また不妊の大きな原因ともなることがお分かりいただけると思います。

不妊を改善するには子宮内膜の状態の改善を同時に行っていく必要があるのです。

子宮内膜の薄さを改善するには?

子宮内膜が薄くなる原因の項でも説明したとおり、子宮内膜の厚みを増すには、

  • ホルモンバランス
  • 血流
  • 老化

これらの点を改善してゆく必要があります。

まずホルモンバランス、特に子宮内膜の増殖に関わる黄体ホルモンの分泌を増やすことです。

マカやチェストツリーなど、黄体ホルモンの分泌を増やし女性ホルモンのバランスを整えるといわれるハーブ類を、サプリで摂取するという方法もありますが、実は人によっては逆にホルモンのバランスが崩れてしまうというリスクもはらんでいます。

その点、少々時間はかかりますが、継続することでもっとも安全に効果を発揮できるのが、皆さんもおなじみの「葉酸」です。

葉酸は胎児の奇形を防ぐだけでなく、子宮内膜を整える効果もあり、ホルモンの分泌を正常に促すという働きもします。
また新たな血液を作りだし代謝を促しますので、子宮内膜の形成に必要な血流を供給するのを助けてくれます。

さらに老化に関しても、葉酸は抗酸化ビタミンですから、子宮内膜の酸化ストレスを軽減し老化を防いでくれる効果もあります。
このように葉酸は、子宮内膜の薄さを改善するにはまさにうってつけのビタミン
だといえるでしょう。

厚生労働省は葉酸をサプリから摂取することを推奨していますから、バランスの取れた食事のほかに葉酸サプリを飲むことで、優れた妊活効果を発揮してくれることでしょう。

また市販の葉酸サプリには子宮内膜の増殖を助け、酸化を防ぐビタミンCやEが含まれたものも多く出回っています。

質の良い葉酸サプリを選んで継続的に摂取することで、子宮内膜を改善してゆきましょう。

産婦人科の女医
妊娠する為には精子と卵子の質が高いことが重要であることは知っていても、確定的になる為には子宮内膜が十分な厚みが必要であることはあまり知られてはいないようです。

日本の性教育では、妊娠の仕組みや避妊ついては触れますが、奇形の危険性や妊娠が成立するまでの細かなサポートがされていないからだと考えられます。

確かに精子と卵子が出会わなければ受精卵にはなりませんが、着床して定着してこそ妊娠に繋がります。生理は子宮内膜がはがれて起こることは知っていても、厚さが妊娠に関係している事までは妊活をはじめたり病院で指摘されて始めて仕組みを理解する人の方が多いのです。

このような身体の機能は、全てがホルモンにより作られているので健康な女性であれば心配する事も少ないものです。女性ホルモンだけでなく、身体はたくさんのホルモンにより機能しており、それは脳の視床下体が管轄しています。

脳はホルモンだけでなく、筋肉を動かしたりと色んな機能を司り、血液がしっかりと脳に回ることでそれが働いています。子宮内膜が薄くなる原因には色々とありますが、やはり血行が悪く全身をくまなく回り空気や栄養を運ばなくてはホルモン指令も出せなくなります。

これを改善するには、血液の正常化がもっとも重要課題で、血液を増やして血管を強くする葉酸の摂取が必要です。子宮内膜を改善するためには、血液の質を高める葉酸が働き女性ホルモンの分泌を高めるようにしなくてはなりません。

食事はもちろんの事、葉酸サプリの摂取で身体の元から子宮内膜の改善を行っていく事が妊娠に繋がります。質の良い葉酸サプリを早くから摂取して、全身の血行を促進し着床しやすい元気な子宮内膜を作り上げましょう。

管理栄養士・医師がおすすめする葉酸サプリはこちら

ビタミンが豊富なベルタ葉酸サプリはこちら


管理栄養士が教える葉酸サプリの賢い選び方