発熱
葉酸は、胎児の正常な細胞分裂を促し、元気で健康な赤ちゃんを産むためには必要不可欠な大事な栄養素となります。

しかし、どんなに体に良い栄養素も、過剰摂取は禁物といわれています。

そこで、今回は、葉酸を過剰摂取すると、具体的にどのような症状が出るのかなどの情報をまとめましたので紹介したいと思います。

葉酸サプリの過剰摂取の危険性とは?

不妊治療中の方や妊娠中の方は、1日400μgの葉酸を摂取したほうが良いといわれています。

しかし、この事実を知らずに、葉酸が赤ちゃんに良いからといって、過剰に摂取する方も残念ながらいるんですね。

一般的に葉酸の過剰摂取のレベルとなるのが、1000μg

この量を日常的に体内に取り入れた場合に具体的にどのような症状が起こるのでしょうか?

紹介してみましょう。
>>1日400μgの葉酸サプリは詳細はこちら

葉酸過敏症を引き起こす

1000μg~10000μgの葉酸を日常的に摂取した場合、葉酸過敏症を引き起こす恐れがあります。

具体的には、

  • 発熱
  • 蕁麻疹
  • かゆみ
  • 呼吸障害

などが、代表的な症状となります。

これ以外にも、人によっては、不眠症や吐き気、食欲不振などに陥ることも指摘されているのです。

>>葉酸を過剰摂取すると赤ちゃんが喘息になるの?

ビタミンB12欠乏症の診断を困難にする可能性も

葉酸とビタミンB12は体内において、赤血球を作る作用があり、どちらも、その働きから、造血ビタミンと呼ばれています。

妊娠中は、赤ちゃんに血液を通して栄養を送るため、ママの体は貧血気味になるため、どちらも大切な栄養素です。

>>貧血に効果のある葉酸サプリ

しかし、どちらも、同じ血液を作る栄養素だし、葉酸だけ摂取していればいいやという間違った考え方でビタミンB12を全く体内に取り込まないと、ビタミンB12が不足した時に起こる症状が出てくることとなります。

ビタミンB12が極端に不足した時に起こる症状として、手足のしびれや運動失調などが代表的です。

これは、ビタミンB12が赤血球を作る働きだけではなく、神経細胞の遺伝子の合成を助ける作用があるため、手足のしびれが起きた時には、もう既に、神経に異常が出ているということになります。

また、自律神経の働きも悪くなるため、イライラや憂鬱な気分になることも。

ちなみに、この、手足のしびれなどは、葉酸が不足している時には発症しない症状です。

そのため、貧血ではなくても、この症状が出た場合は速やかにビタミンB12の過度な不足を疑ったほうがいいでしょう。

葉酸とビタミンB12は、働きが似ているので、このような症状が出てこないと、ビタミンB12欠乏症と気付かない怖さがあります。

ビタミン12と葉酸を一緒に摂取したいという方にはベルタ葉酸サプリがおすすめです。

ベルタ葉酸サプリで1日4粒摂取でバランスの取れた葉酸摂取を心掛けよう

葉酸が体に良いからといって、やはり、過剰摂取は禁物だということが、今回でわかりましたね。

大切なのは、不妊・栄養素に良いといわれる全ての栄養素をバランス良く摂取することです。

ベルタ葉酸サプリは、1日4粒を毎日摂取することにより、葉酸の過剰摂取の心配は全く必要なくなります。

また、先ほど紹介した、ビタミンB12を含むビタミン13種類がベルタ葉酸サプリには含まれているため、卵巣や子宮などの生殖機能の成長を促し、妊娠しやすい体質を作り上げてくれます。

ちなみに、男性の精子の正常な細胞分裂を促す効果も葉酸サプリにはあるので、不妊中でお悩みの夫婦は協力して葉酸の摂取をすることをおすすめします。

葉酸の過剰摂取は食事からでは、滅多におこらないものですので、この点は安心しても大丈夫でしょう。

理由としては、葉酸は熱に弱く、加熱時に50%ほどの栄養素が消えてしまうからです。

>>葉酸は食事から摂取は無理?!その理由は?

逆にいうと、普段の食事では、1日400μgの摂取は非常に難しいということですので、この点を考えると、ベルタ葉酸サプリで毎日バランスよく葉酸の摂取をするべきだと感じます。

ただし、1日4粒の用量を守って過剰摂取にならないように注意してくださいね。

>>天然無添加のベルタ葉酸サプリは詳細はこちら


管理栄養士が教える葉酸サプリの賢い選び方