便秘の女性

葉酸サプリは、不妊で悩む方の精子や卵子の質を高め、妊娠しやすい体質を作り、妊娠中のママは胎児の細胞分裂を正常に促し、貧血気味の体を守ってくれる栄養素ですが、気になるのが便秘にも効果はあるのかということ。

女性の悩みの種である便秘と葉酸の関係性についての情報をまとめてみましたので、今回は紹介してみたいと思います。

べビ待ち・妊娠中に起きる便秘の原因とは?

べビ待ちと便秘に関しては、あまり語られることが少ない情報ですが、実は、女性ホルモンの分泌に関して、この2つは関係している部分があります。

よく聞かれるのが、

生理が迫ると便秘になる

と、いった声。

実は、これ、女性が妊娠しやすい体を作る意味では正常な証となります。

生理前にはプロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンの分泌量が多くなりますが、このホルモンが、妊娠に備えて体内の水分を維持する働きを見せます。

この際に、大腸もより多くの水分を保つために、吸収の動きを見せ始めるのです。

すると、今まで、便のカサを増やすために使われていた水分が不足して、便が硬くなり、排出しづらい状態となります。

これが、生理前に見せる便秘の原因となりますが、プロゲステロンの働きは、これだけではありません。

プロゲステロンの働きは便秘だけではなく流産や早産を防ぐ?

プロゲステロンの働きは、子宮内膜を厚くして、着床しやすい状態を作ること。

そして、妊娠中の流産や早産を防ぐために、子宮の収縮を抑える作用もあります。

ここまでなら、妊娠しやすい体質を作るための良い女性ホルモンですが、実は、このプロゲステロンは、子宮の収縮とともに、大腸のぜんそく運動も弱めてしまうこともあるのです。

大腸のぜんそく運動は、便を体外に排出する働きがあるため、プロゲステロンの作用により、この体内に溜まった便が外に出にくい状態となります。

プロゲステロンは妊娠するためには必要不可欠なホルモンですから、逆の考え方で説明すると、生理前に便秘になりやすいといった方は、このホルモンの分泌は正常に行われていることになるのです。

また、妊娠中もこのホルモンの分泌量は増えているので、便秘の症状が続くといった状態があります。

ストレスも便秘の原因に…

これ以外にも、ストレスなどが便秘を悪化させてしまう原因にも。

人はストレスを受けると自律神経が乱れていきますが、この自律神経は、内臓などの機能を正常に保つ役割を果たしています。

ストレスは、環境の変化や、人間関係など様々な面から受けますが、不妊でお悩みの方は、あまり深く考えると、この自律神経が乱れ、腸内の正常な働きを鈍くさせてしまうため、これが便秘の原因となるのです。

また、妊娠初期には、黄体ホルモンの分泌量が凄く、急激な眠気やだるさにも襲われることが何度もあり、その状態で仕事や家事などをこなさないといけないため、余計にストレスがかかりやすい状態となっていることも原因だと考えられます。

葉酸はなぜ便秘の解消に効果があるのか?

葉酸はべビ待ち中や妊娠中に積極的に摂取すべき栄養素ですが、この葉酸はなぜ便秘に効果はあるのか?

と、いうことが、数多くの女性の気になるところではないでしょうか。

結論からいうと、葉酸は便秘解消に効果はあります。

ただし、どちらかというと、直接的に便秘解消を促す作用ではなく、体を健康に保つことにより、頑固な便を体外に排出するといった働きが大きいです。

ここでは、葉酸が便秘解消に役に立つ2つの働きを紹介してみましょう。

葉酸が便秘に効果があると言われてる2つの理由

葉酸といえば、良質な赤血球を作り出す働きから、別名・造血ビタミンと呼ばれているほどです。
赤血球が増えるということは、新しい良質な血が増えるということになります。

そして、葉酸は、血中の危険因子である、ホモシステインの働きを抑える効果もあるのです。

ホモシステインが増えると生活習慣病の一種である動脈硬化を引き起こす可能性も高くなります。
動脈硬化は、動脈内に壁を作るため、血液の流れを著しく低下させてしまうのです。

血流の流れが悪くなるということは、代謝が落ちることになります。

代謝が落ちるということは、内臓面などの機能も低下することになり、大腸の働きも当然、落ちてくるため、便を体外に出そうとする、腸のぜんそく運動も上手くいかなくなってしまうのです。

葉酸は、この、血液の流れを低下させる物質のホモシステインの働きを弱めるため、血液の流れをスムーズに保つにはうってつけの栄養素でもあります。

葉酸の正常な細胞分裂パワーで腸の粘膜細胞も活発に

葉酸は、DNAを含む核酸の合成に必要な栄養素です。

そして、胎児の細胞の増殖・分裂をスムーズに促すためには必要不可欠なものとなります。

実は、この細胞の増殖が腸の状態を良好に保つのにも効果があったのです。
腸の新陳代謝のサイクルは他の臓器と比べて特に速いと言われています。

新陳代謝が速いということは細胞も生まれ変わるのが速いということになりますが、この時に細胞の増殖を促す葉酸が不足していると、新しい細胞が作られるスピードが遅くなり、結果的に腸の働きが悪くなるのです。

腸の働きが悪くなるということは、当然、正常な排便にも影響が出ますから、結果的にこれが便秘の原因となります。

新しい綺麗な細胞を作る葉酸を日常的に摂取しておくことで、腸の速い新陳代謝にも対応でき、いつまでも元気な状態を保つことが可能となるでしょう。

食物繊維の摂取も便秘の解消に大事

便秘解消にはやはり、食物繊維は欠かすことはできません。

生理前や妊娠中は、プロゲステインの分泌量が多くなり、大腸のぜんそく運動の働きを弱めてしまうとお伝えしましたが、これに対抗するのに有効な栄養素が食物繊維となります。

食物繊維の働きのひとつに、腸のぜんそく運動を活発にするというものがあります。

プロゲステロンが急激に腸の働きを悪くするので、症状を緩和するために、正反対の働きを持つ、食物繊維も葉酸と一緒に摂取しましょう。

プロゲステロンは妊娠には絶対に必要なホルモンなので、この分泌量を減らすということは絶対に考えないでくださいね。

また、食物繊維は、腸内の環境を綺麗に保つ役割の善玉菌も増やす作用があるため、ぜんそく運動も活発にさせる効果が期待できます。

便秘に効果のある葉酸と食物繊維のW摂取はベルタ葉酸サプリがおすすめ

葉酸と食物繊維を食事から摂取するということは、簡単そうに見えて意外と難しいものでもあります。

まず、葉酸の弱点は加熱により、効果が半減してしまうという点。

葉酸は熱に非常に弱いビタミンB群の一種です。

そして、食物繊維の最大の特徴は少量でも満腹感を得てしまうこと。

成人女性は、1日あたり、19g以上の食物繊維を摂取することを、厚生労働省が推奨していますが、食物繊維の場合は、体内で水分を含み膨張するという性質があるため、少食の方は、意外とすぐにお腹が膨れて他の妊娠に必要な栄養素を食事から摂取しずらくなるという可能性もあります。

そこで、1日4粒飲むだけで、1日に必要な葉酸400μgを摂取できるBELTAをおすすめします。

ベルタ葉酸サプリは、葉酸以外にも、ビタミンやミネラルなど、べビ待ち~産後まで必要な栄養素が含まれており、更に、食物繊維が豊富に含まれているという、緑黄色野菜や淡色野菜など21種類の野菜が含まれています。

ぜひ、べビ待ち・妊娠中の方で便秘に悩む方に摂取して頂きたいベルタ葉酸サプリです。

>>
食物繊維豊富のベルタ葉酸サプリはこちら


管理栄養士が教える葉酸サプリの賢い選び方