健康食品として青汁を日常に取り入れている人も増えました。

青汁の名の通り、青い葉野菜が原料ですから、野菜の栄養を丸ごと摂取できます。ビタミンやミネラル、食物繊維も豊富なので葉酸サプリでなくても青汁の方が良いのではないかと考える人も多いのではないでしょうか。

青汁でも葉酸は摂取できますが、妊活や妊娠中に飲んでも本当に安全なのでしょうか。

今回は妊娠中の葉酸摂取に青汁が適しているのかについて解説していきます。

葉酸は女性が妊娠する為に必要な成分


ビタミンB郡の1つで水に溶けやすい性質があるので、毎食摂取するのが好ましいと言われています。

葉酸は葉野菜の中でも緑が鮮やかな野菜に多いのですが、現代人は野菜不足の為に妊娠に必要な量を摂取できていません。葉酸は遺伝子情報に深く関係していて核酸の合成や細胞分裂に必要な栄養です。

また赤血球を作り血管の強化や造血にも役立ちますから卵子の質を高めて健康な赤ちゃんを授かる為には必須です。

より詳しくはこちら→葉酸が卵子に良い理由?葉酸は卵子を若返させる?

特に妊娠初期にはこの葉酸が不足すると、神経管閉鎖障害などの先天性奇形を持った赤ちゃんが生まれたり流産のリスクも高くなりますので、妊活から葉酸は400ugをサプリなどで摂取することが大切です。

青汁は手軽な栄養補給が出来る健康食品


葉野菜の中でも普段は口にする事のないものには、豊富な栄養を含んだものがたくさんあります。

葉酸の含有量が多い順として、大麦若葉・ヨモギ・ケール・小松菜・明日葉が青汁に用いられます。

ビタミン、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、鉄分が豊富で青汁で十分な栄養をカバーできます。特に食物繊維が豊富ですから腸内環境を整えてくれますし、美肌効果も高いのも特徴です。また活性酸素を除去する抗酸化物質も豊富なので、健康促進にも役立ちます。

ですが妊娠に必要な葉酸はこの青汁だけで摂取することはできませんので、注意が必要です。

葉酸と青汁は何が違うの?

葉酸サプリも青汁も葉酸が含まれていますし、バランスのよい栄養が豊富ですから「どちらを飲んでも良さそう」に思えるでしょう。青汁は水に溶かすから飲みにくいものではなくサプリタイプもあるので「飲みやすさ」についても問題はありません。

大きな違いは、葉酸は妊活から妊娠中に必要な含有量をバランスよく考えられていますが、青汁は「健康になりたい」「野菜不足を解消したい」人の為に作られていますから葉酸の量が多かったり少なかったりしてしまいます。

青汁で葉酸を摂取したい、もしくは青汁を飲んでいるので葉酸サプリを追加してより効果を高くしたいと考えているなら「葉酸」だけでなく過剰摂取の危険性がある栄養がどれだけ含まれているかを考えなくてはなりません。

妊婦向けの青汁という触れ込みで、たくさんのメーカーが青汁を発売していますが実際にどれくらいの葉酸が含まれているのかを調べると成分表にも記載がないものが多いのです。

また、青汁によっては国産以外の野菜を使っていたり無農薬であってもGMP認定工場の生産ではないものなど妊娠中にのむには安全性が不確かなこともあるのです。

葉酸サプリは、妊活や妊娠中に必要な葉酸に不足しがちな栄養をバランスよく配合しています。

なぜなら妊娠すると普段は積極的に摂取するもののなかでも控えるべきものが多くなるからです。大きな違いは「妊娠に適した栄養がバランスよく含まれているのかいないのか」ということであり、青汁が悪いのではなく妊活や妊娠中の葉酸摂取は青汁より葉酸の方が優れているということなのです。

青汁は栄養不足を指摘されると医師からもサポートとして青汁を飲むことをすすめられることもあります。薬事法や食品衛生法をクリアしなくては健康食品としては販売できませんし、医師からも青汁が良いと言われると安心感も生まれるでしょう。ですが青汁もピンキリですから、栄養価が低く名ばかりの青汁もたくさん存在しています。

産婦人科の女医
妊娠中に青汁を飲むのであれば、過剰摂取に配慮があり葉酸が400uℊでGMP認定工場で作られているものを選ばなくてはいけません。

これをすべてクリアする葉酸はありませんし、妊活や妊娠中の葉酸を選ぶなら葉酸サプリの方が優れています。

管理栄養士・医師がおすすめする葉酸サプリはこちら

青汁には過剰摂取の危険性がある成分が配合されているけど大丈夫?

脂溶性ビタミン

青汁にはたくさんのビタミンが含まれており、葉酸も当然配合されていますが同時に脂溶性ビタミンであるビタミンA、ビタミンD、ビタミンEも豊富です。これらのビタミンは健康の為には有効ですが、体に蓄積され排出されない為に過剰摂取は危険とされています。

健康な人でも過剰摂取は気をつけたいのですが、妊娠中はさらに摂取に気をつけなくてはならないのです。ただ青汁に含まれている、脂溶性ビタミンは植物性のものですのでとくに問題として考える必要はないでしょう。

知っておきたい妊娠中のビタミンAの摂り方

カリウム

カリウムは血液中の塩分濃度をコントロールするので、むくみやすい妊婦には必要な成分です。

過剰摂取しても、通常は尿で排出されてしまうもで問題はありません。ただ腎臓機能が低下している人や持病がある人は過剰摂取には注意が必要です。青汁でカリウム過多になることはありませんので、あまり神経質になることはないでしょう。

妊娠中に青汁を飲むならどんなことに気をつければいいの?

青汁の葉酸量は正直いうと必要な400uℊには程遠いものが多いです。ですから葉酸を摂取する目的というよりは、野菜の栄養をサポートする目的で利用するようにしましょう。

  • 無添加で国産の無農薬野菜を使用している
  • GMP認定工場で製造出荷されている
  • 飲みやすく継続しやすいのか
  • ノンカフェイン
  • 妊娠中に害がある成分が含まれていないこと

葉酸サプリと同じで、無農薬野菜であることはもちろんですが余分な添加物はできるだけ含まれていないものが好ましいです。GMP認定工場で製造出荷されている安全な青汁でないなら飲まない方がましです。健康のために飲むものですから、安全性がはっきりしていないものは選ばないこと。

栄養補給が目的ですから、においや味が気になるのであればサプリタイプがおすすめです。青汁は水分補給にはなりませんので、お茶替わりに飲むのもやめましょう。粉タイプなら水に溶けやすく、さっぱりした後口のものが良いでしょう。

青汁はノンカフェインの表示がないのですが、ケールや大麦若葉には微量のカフェインが含まれている為にそうなっています、妊娠に問題がある量ではないので、これに関しては神経質になる必要はありません。飲みやすさを重視した青汁の中には、緑茶などで味をととのえたものがあります。このようなお茶成分は、妊娠中には控えたいですから「お茶」で味を飲みやすくしたようなものは外しましょう。

産婦人科の女医
最近は少ないのですが、アロエやスパーフードのモリンガは美容目的の青汁に含まれていることがおおいです。

これらは子宮収縮を起こしてしまう危険性があり早産流産のリスクを高くしてしまいます。
青汁の成分にこれらが含まれていないものを選びましょう。

青汁と葉酸サプリは併用できる?葉酸サプリだけの方が良いの?

青汁に含まれる葉酸は60~80ugのものが多く、たっぷり入っていても200ugも含有量していません。葉酸サプリは400ugで上限は1000ugですから、併用しても過剰摂取の危険性はありません。

脂溶性ビタミンも植物性のものですから、とくに体に問題があることはないでしょう。

ただ食物繊維が豊富に含まれているので、併用するとお腹が緩くなってしまったりする人もいます。

全体的な栄養のバランスと安全性、妊婦にも飲みやすい青汁となるとそう数も多くないですから限られたなかから選ばなくてはいけません。飲んではいけないものではありませんが、葉酸サプリを飲んでいるのであれば食事で栄養バランスをしっかり考えた方がより気楽で家計にも優しいと思います。青汁だけでは妊活や妊娠に必要な葉酸をクリアすることができないのですから、基本的には葉酸サプリをメインにして食事でもしっかりと栄養を摂取していくのが好ましいです。

青汁の葉酸だけでは、先天性代謝異常や染色体異常のリスクを低減することはできませんし、赤ちゃんが健康に成長する為の栄養も不足してしまいます。妊活や妊娠に必要な葉酸は摂取できていれば良いのではなく、その含有量が適正であるのかどうかが問題です。

その点から考えると、まずは葉酸サプリを利用して必要な400ugを毎日摂取していく方が良いでしょう。青汁はあくまでも、食事で不足する栄養をサポートするもので「野菜で本来は摂取できるはず」の栄養を届けるものです。併用することは構いませんが、葉酸サプリだけも十分な栄養を補給することはできます。

妊活や妊娠中の青汁よりも葉酸はサプリを利用しましょう

健康の為に青汁を飲んでいる人は、自分の青汁がそのまま継続できるものか一度確認してみましょう。もちろん安全な青汁を選んでいるでしょうが、カフェインにまでは気が回っていない人も多いのです。

もし、カフェインが含まれているような青汁なら妊娠中はお休みして葉酸サプリだけで葉酸を摂取できるようにしていくのがベスト

葉酸サプリは、妊活向けのものから妊娠初期に適したもの、妊娠したら授乳まで長い期間飲めるものがあります。

妊活用であれば、妊活成分のマカやザクロ、ピニトールなどの有効成分が入ったサプリが良いですし、妊娠初期から飲むのであれば葉酸以外にも栄養が豊富で美容成分なども含まれているものを選べば妊娠線予防をしながら赤ちゃんの成長を楽しむことができます。

葉酸サプリの中にも野菜の栄養をそのまま含んでいるものもありますので、無理に青汁を併用しなくても良いと思います。あくなでも青汁は普段は口にしない野菜から豊富な栄養を補給することが目的で葉酸を摂取するものではありませんので、口コミ評価が高く人気のある葉酸サプリの中から、自分が必要としている栄養が含まれているのかをしっかり見極めて選びましょう。

管理栄養士・医師がおすすめする葉酸サプリはこちら

管理栄養士が教える葉酸サプリの賢い選び方