黄体ホルモンの改善でおすすめサプリは?
妊活を始めると真っ先に気になるのが、毎日の基礎体温の上下ですよね。

特に排卵期が過ぎ、体温が上がって高温期へと突入すると妊娠への期待も高まり、計るたびに一喜一憂してしまうという人も多いようです。

しかし近頃では、高温期のグラフが安定せず高温期を保てない/長すぎるという女性も増えています。

高温期を司る黄体ホルモンのアンバランスが不妊の理由となっている可能性もあるため、その兆候がある場合はできるだけ早く、効果的に改善していきたいですね。

黄体ホルモンとは?

黄体ホルモンとは?
女性ホルモンには卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類があり、黄体ホルモンは別名プロゲステロンともいわれています。

黄体ホルモンは排卵後から生理までの間に多く分泌され、以下のような働きをします。

  • 子宮内膜をフカフカに保つ
  • 水分保持
  • 乳腺を発達させる
  • 妊娠を促し、維持させる
  • 高温期を作りだし、維持させる
    • とくに大事なのは、黄体ホルモンが子宮内膜を整え受精卵が着床しやすい環境を整えてくれること、さらに正常な分泌を続けることで妊娠を継続するのに役立つという部分です。

      黄体ホルモンの多寡はそれほど自覚できないものなので、自身の基礎体温の不安定を知り、また不妊という症状があって初めてクリニックで検査、発覚する場合も多くあります。

      基礎体温を安定させる効果がある葉酸サプリはこちら

      黄体ホルモンの分泌は多すぎても少なすぎても妊娠に悪影響ですから、妊活・妊娠中はとくに非常に繊細なバランスを保つ必要があるホルモンだと言えます。

      黄体ホルモン(黄体機能不全)が不足すると?

      黄体ホルモンが不足すると?
      黄体ホルモンに異常があれば、せっかく受精した卵が上手に着床できない、あるいは運よく着床したとしてもきちんと根付くことができず、科学流産となってしまう原因にもなります。

      これを「黄体機能不全」と呼び、不妊のなかでもかなり多くの割合を占めているといわれています。

      黄体機能不全に陥ると、赤ちゃんのためにフカフカの内膜が用意できず、また子宮が冷えるので、せっかく受精した卵が着床せず、育たなくなってしまうのです。

      葉酸サプリと着床率の関係性とは?

      先述のように黄体機能不全の自覚症状はほぼありませんが、基礎体温をつけることによって把握することが可能です。

      特徴的なのは通常14日続く高温期が保てず低温期に入ってしまうこと、正常な排卵はあっても高温期が短いせいで妊娠が継続できないことで、これを改善しない限りは妊娠しづらい体のままということになります。

      黄体機能不全の原因

      黄体機能不全の原因は未だ特定されていないようですが、現在わかっている限りでは以下のような原因が挙げられています。

      黄体機能不全の原因1:ストレス

      ストレスは、体の機能全体、とくにホルモンのバランスを司る脳内の視床下部に大きな影響を与えるといわれています。

      ストレスが良くないと頻繁に言われるのはそのためで、黄体ホルモンの分泌も例外ではありません。

      黄体機能不全の原因2:冷え

      冷えのもたらす結構不良は、体全体の血のめぐりを悪くするだけでなく、形成に多量の血液を必要とする子宮内膜にも悪い影響を与えます。

      東洋医学では不妊の原因は冷えに尽きると言われるほど、生殖機能そのものの働きを妨げるとされます。

      黄体機能不全の原因3:甲状腺疾患

      甲状腺からは新陳代謝や分泌系、糖や脂肪の分解に関わるホルモンが分泌されています。

      橋本病やバセドウ病など甲状腺機能の疾患は女性ホルモンのバランスを崩し、黄体機能不全の原因ともなります。

      黄体機能不全の原因4:高プロラクチン血症

      母乳をつくりだすために脳下垂体から分泌されるのが「プロラクチン」というホルモンで、妊娠していないにも関わらず母乳が出たり、プロラクチンが大量に分泌されたりといった症状が出ます。

      原因は抗うつ剤など薬の副作用やピルの服用によるもの、甲状腺機能の低下などさまざまですが、このホルモンが黄体ホルモンの分泌を妨げる原因となります。

      黄体ホルモンの改善に良い成分が配合されているベルタ葉酸サプリの詳細はこちら

      黄体機能不全はサプリで改善できる?


      黄体機能不全の改善をサプリでサポートすることは可能です。

      黄体ホルモンの不調を感じた場合、基本的にはクリニックでの検査が欠かせません。

      自己流で対処するよりもまずは専門の医師の指導を仰ぎ、処方される薬をきちんと飲んでいることが大前提となります。

      その上で黄体機能に良い栄養素をサプリで摂ることがもっとも効果的であると言えるでしょう。

      もちろん1日や2日で良くなるということはありませんから、サプリの摂取と同時にストレス解消や冷えの改善などトータル的なアプローチをしてゆき、それを続けることで徐々に効果が出てくるものだということは頭の片隅に入れておきましょう。

      継続的な体質改善があってはじめて黄体機能が正常化されたという声は多く聞かれます。

      産婦人科の女医
      黄体ホルモンは、生理前から活発に増えるので妊娠を希望しない人にとっては、肌荒れや倦怠感を招く嫌なホルモンの1つ。

      ですがこの黄体ホルモンが活発に働かないと、子宮内膜を作り妊娠しやすい身体になることができません。
      妊娠出産には欠かせないホルモンであるにも関わらず、正常値を保てずに妊娠できなくなる事があります。生理不順や機能性出血を機会に、婦人科を検診して黄体不全であると診断されます。
      この改善には、黄体ホルモンを増やす治療が必要になり排卵誘発剤や漢方薬が用いられます。副作用を心配して、漢方薬やサプリでできるだけ黄体ホルモンが分泌を改善したいと考える人も多いですし、実際にサプリで黄体ホルモンの不調が治った人もいます。

      直接的な原因は、冷えであると考えられていて冷え性を放置すると内臓の働きが衰え自律神経も乱れることからストレスを感じやすくホルモン分泌に影響を与えます。
      生活習慣では冷えを意識して、睡眠や運動、冷やさない工夫が必要です。口にするものでは、黄体ホルモンを増やすビタミンEの豊富な食べ物を摂取すると効果があります。
      不妊治療専門クリニックでは、葉酸だけでなくビタミンEの摂取を強くすすめているので、食事はもちろんですがサプリを利用するのであればビタミンEが配合されているものを選びましょう。葉酸は卵巣機能の向上に必要ですから、葉酸サプリにビタミンEを含むものが好ましいです。

      冷えが強く効果が感じられない人は、マカやザクロなど黄体ホルモンの分泌を促す成分が含まれているものを選ぶと改善や予防に繋がります。

      管理栄養士・医師がおすすめする葉酸サプリはこちら

      黄体ホルモンの改善に役立つサプリ選びのポイント

      通常葉酸サプリや妊活サプリには女性ホルモンの機能を助けるビタミンやミネラルなどの成分が含まれており、中には冷えを改善することを目的としたサプリもあります。

      黄体ホルモンの改善に役立つサプリ選び方point1:ビタミンEが含まれているサプリ

      黄体ホルモンの改善に役立つサプリ選び方point2:抗酸化作用の強いビタミンCが含まれていること

      黄体ホルモンの改善に役立つサプリ選び方point3:添加物が配合されているサプリはNG

      添加物が多く含まれているサプリ、とくにステアリン酸Caやショ糖脂肪酸エステルなど安全性が確認されていない、あるいは大量摂取で胎児に影響がある可能性のある商品は控える

      黄体ホルモンの改善に役立つサプリ選び方point4:体を温める成分が配合されているサプリ

      黄体ホルモンの改善に役立つサプリ選び方point5女性ホルモンの生成を助ける亜鉛が配合されているサプリ

      このように、黄体ホルモンの分泌を増やしてくれるビタミン・ミネラルが含まれている、さらに冷えにもアプローチしてくれる成分が入ったサプリが良いでしょう。

      これらは直接黄体機能不全の原因に働きかけてくれますから、より高い効果が望めます。

      また多少お値段が高くても、添加物の含有が少なく質の良いサプリを摂ることがその後の妊娠を左右しますから、内容をよく見て慎重に選ぶことをオススメします。

      黄体ホルモンの改善に良い成分が配合されているベルタ葉酸サプリの詳細はこちら


      管理栄養士が教える葉酸サプリの賢い選び方