赤ちゃん
赤ちゃんの先天性の疾患のひとつに、神経管閉鎖障害というものがあります。

実は、この疾患は、産まれてきた後も、治療やリハビリなどを必要とする、非常に重たい障害です。

今回は、神経管閉鎖障害と、この疾患を防ぐ可能性が大幅にアップする葉酸についての情報をまとめましたので紹介したいと思います。

神経管閉鎖障害とは?

神経管閉鎖障害は、脳や脊髄の元となる神経管の細胞の一部が塞がってしまうことにより、正しく成長しなくなってしまう疾患のこととなります。

日本では、出生した、1万人のうちの約6人の割合で見られているということです。

脳や脊髄の中枢神経系を作られる時期の、妊娠4~5週目にこの先天性の疾患が起きることとなります。

神経管の上部が塞がるのか、下部が塞がるのかにより、障害の現れ方が変わるため、今回は、主に、神経管閉鎖障害で発症する症状の2点を紹介してみたいと思います。

二分脊椎症

これは、神経管の下部が塞がることにより発症するものです。

神経管の下部が塞がるため、脳からの指令が、下半身にまで届かずに歩行障害や運動障害が見られるようになります。

また、内臓面の機能にも大きく影響を及ぼし、膀胱・直腸障害となり、排尿や排便にも支障が出てきてしまう形となるのです。

無脳症

神経管の上部が塞がっている状態のことを指します。

正常な脳の成長ができず、脳から下の体は、普通の赤ちゃんと同じように成長しますが、頭部が形成されなくなります。

わかりやく説明すると頭蓋骨が存在しない状態です。

脳以外の臓器は通常に機能していることが多いため、胎児期は生命維持が可能ですが、人間は脳が作られない限りは生きていくことができないので、残念ながら、通常であれば流産や死産となり、仮に産まれてきたとしても生後数時間で命を落としてしまうことになります。

1日400μgの葉酸摂取で神経管閉鎖障害の発症リスクを軽減

神経管閉鎖障害は、一般的にはママさんの葉酸不足で起きるといわれています。

葉酸は、細胞の増殖に必要なDNAの合成を促す働きがあります。

妊娠初期は、この細胞増殖が活発なため、この時期に、葉酸が不足していると、正常な細胞増殖が行われずに、神経管閉鎖障害を発症するリスクが高まるということになるのです。

欧米諸国では、この、神経管閉鎖障害の発症率が高かっため、様々な研究を行ったところ、葉酸の摂取により、この先天性疾患の発症リスクを大幅に軽減することが可能ということになったのです。

ちなみに、アメリカでは、この神経管閉鎖障害の発症リスクを減らすため、パンやシリアルに葉酸の添加を義務づけたほどとなっています。

この結果、先天性疾患の赤ちゃんが生まれてくる確率を50%前後減らすことができたといいます。

そして、欧米諸国の結果を受けて、日本でも、2000年に妊娠1ヶ月前~妊娠3ヶ月後までの細胞増殖が活発な時期に1日400μgの葉酸摂取を推奨することになったのです。

食事から400μgの葉酸摂取するのは不可能?

毎日の葉酸摂取はベルタ葉酸サプリがおすすめ

1日400μgの葉酸を摂取することは、実は、意外と普段の食事からは難しいこともあります。

やはり、葉酸の場合は、水溶性のビタミンB群ということもあり、熱には非常に弱いです。

調理の段階で、その高い葉酸栄養価が半減してしまうため、自分では豊富に葉酸を摂取しているつもりでも、実際には、400μgに届いていなかったというのはよくあります。

そこで、おすすめしたいのが、サプリメントから摂取する方法です。

ベルタ葉酸サプリは、1日4粒飲むだけで、1日の推奨葉酸摂取量である400μgを体内に取り込むことができます。

コンビニドラッグストアでよく見かける添加物入りのサプリメントとは違い、ママと赤ちゃんに優しい、安心・安全の無添加のため、この点も胎児の正常な細胞増殖を阻害することなく大幅に神経管閉鎖障害のリスクを減らすことが可能となるでしょう。

妊娠する前から、正常な細胞分裂が行われた綺麗な卵子が必要となるため、べビ待ち期間中から葉酸の摂取は必要となるのです。

この正常な細胞分裂は、男性側にも同じことがいえるため、質の良い精子は神経管閉鎖障害の発症リスクを抑えることが可能となります。

2人で協力して葉酸を摂取してくださいね。

>>夫婦コースのある無添加のベルタ葉酸サプリはこちら


管理栄養士が教える葉酸サプリの賢い選び方