グレープフルーツジュース
グレープフルーツにも多くの葉酸が含まれている事から妊娠初期に接触的に食事に摂り入れている妊婦さんも多いのではないでしょうか?

グレープフルーツには実際にどれくらいの葉酸が含まれているのか、葉酸サプリの代用はできるのかという点についてお話をしていきます。

グレープフルーツに含まれる葉酸の量

実際にグレープフルーツ1個に含まれる葉酸の量はおよそ、30㎍です。

これは妊婦さんが1日に摂取する量の13分の1の量(1日の摂取量400㎍に対して)にすぎず、ほとんど補う事が出来ない計算になります。

これではとても足りませんね。

もしグレープフルーツだけで補おうとすると約13個以上のグレープフルーツを食べないと必要量に届かず、これだけで補う事は現実的に無理でしょう。

しかし、グレープフルーツに含まれる栄養素のビタミンCや、クエン酸が風邪を引きにくくし産前産後の体調管理にもとても役に立つことから健康維持の為に摂り入れたい果物と言えます。

また肌荒れや、美白効果、ダイエットにも大変効果があります。

葉酸サプリの代用にはなりませんが、グレープフルーツは、葉酸サプリの補助的な役割を担うと考えておくとよいでしょう。

>>1錠で1日の摂取量400㎍できるベルタ葉酸サプリはこちら

グレープフルーツを主体ではなく葉酸サプリを主体に

グレープフルーツから必要な葉酸量を摂る事は現実的に考えて難しいです。

グレープフルーツだけに限らず、多くの食品に葉酸は含まれていますがやはり食品から必要量を摂る事は難しいのです。

グレープフルーツや葉酸を含む食品はあくまで補助食品と考えて、主な葉酸はやはり葉酸サプリから摂取するのが一番簡単で、安全な方法でしょう。

産婦人科の女医
さっぱりしたグレープフルーツは、つわりの時期にも口にしやすいですし葉酸が含まれているので妊娠中に口にする人が多い果物です。

ジュースもあるので、食欲のない時には、冷蔵庫にあると便利なものでしょう。

ビタミンCも豊富で、グレープフルーツに含まれるクエン酸は、疲労回復効果だけでなくカルシムウや鉄分の吸収を高めるので妊娠中にも積極的に食べたり飲んでも構いません。
葉酸の量は微量ですから、この他にも野菜類から葉酸を摂取するようにしましょう。

グレープフルーツを丸ごと食べると、1日の果物摂取量をクリアするので他にもフルーツを食べるのであれば、量を加減する必要もありますのでグレープフルーツは1個、ジュースはコップ1杯が目安です。

果物には果糖が多いので食べ過ぎないようにする事も忘れないようにしましょう。

スーパーで販売されているグレープフルーツは、海外からの輸入品ですので防カビ剤が使われています。表面は口にする事はないでしょうが、食べる前に皮を水洗いするか重曹を溶かしたボウルで洗うと良いでしょう。

国産のグレープフルーツはなかなか手に入れる事が難しいのですが、通販では国産のグレープフルーツやグレープフルーツジュースを手に入れられますから、毎日食べるようならそちらを利用すると良いでしょう。

できるだけ添加物は避けたいものですから、国産であっても無農薬のものが好ましいです。毎日食べても構いませんが、何か疾患があり薬を服用していたり、排卵誘発剤を利用している場合には医師に飲みあわせを確認しましょう。漢方薬であっても、薬を服用している期間はグレープフルーツは控えた方が良いです。

グレープフルーツだけでは葉酸はおろか、栄養をバランスよく摂取する事ができませんので、サプリを利用する事も必要です。

管理栄養士・医師がおすすめする葉酸サプリはこちら

無添加の葉酸サプリから選ぶ

葉酸をグレープフルーツジュースで補える?

葉酸をグレープフルーツジュースで補う事はできるのでしょうか?

100%グレープフルーツジュースにはどれくらいの葉酸が入っていると思いますか?

それは、およそ、100mlに11㎍という結果でした。

やはりこれでは1日に必要な葉酸の量には程遠いと感じます。

またグレープフルーツジュースには添加物や香料なども入って入るので特に妊婦さんにはあまりお勧めしません。

こういったことからも葉酸をきちんと安全に摂取しようと思うなら葉酸サプリがお勧めなのです。

>>葉酸だけではなく妊婦・ベビ待ちに必要な成分を補える葉酸サプリはこちら


管理栄養士が教える葉酸サプリの賢い選び方