痛風というと、暴飲暴食や過度な美食が原因で中年男性が陥る病、というイメージがありますよね。

女性は女性ホルモンのおかげで痛風になりにくいということがわかっており、実際男性の痛風患者が全体の98.5%と大部分を占めています。

すさまじい痛みに襲われるという痛風は、葉酸で改善・予防できます。

ここではそのメカニズムと効果を見ていきましょう。

痛風の原因・症状

痛風の原因と言われるのが、先述した暴飲暴食、行き過ぎた美食、そして運動不足です。

近年話題の「プリン体」の多く含まれるレバー、白子、明太子やいくらなどの魚卵系、そしてビールなどが痛風の原因であり、痛風患者にとっては禁忌とされています。

プリン体を摂りすぎる生活を続けていると尿酸が排出されず蓄積・結晶化し、おもに手足の関節部分に激しい痛みを伴います。その痛みは大の大人が声を上げるほどの痛みで、治療には食事制限などストレスを伴うほか再発もしやすいという特徴があります。

とくに動きが多く、負荷のかかりやすい関節部分に症状が出るため、まったく動くことができずに日常生活もままならないという状態になってしまいます。

関節に症状が出ることの理由には、体重など負荷がかかることによって血中の尿酸が結晶化、剥離しやすいこと、また他の部位に比べて体温が低く血流が悪いことが挙げられます。

葉酸サプリは痛風を改善・予防する

「痛風」という病名は「風が当たっただけでも痛む」ということからついただけあって、発症すると日常生活が送れないほどの痛みに襲われます。

治療するにも投薬のほか厳しい食事制限が課されますから、とくに仕事上などの付き合いでお酒の席や外食の多い方には大変な苦労と工夫が必要になってきます。

ですから、ご自分で痛風になりやすいリスクを抱えていると感じる方は、予防策として毎日葉酸を摂ることをおすすめします。

またすでに症状が出てしまっている方でも、葉酸は尿酸の排出を助け、尿酸値を下げ、結晶化を防ぐ効果がありますから、治療のために積極的に摂ると良いでしょう。

さらに葉酸には代謝を良くし血流を改善する効果があります。

体の巡りを良くすることにより老廃物の滞りをなくし、痛風を発症しにくい、再発しにくい体作りを目指しましょう。

痛風におすすめの葉酸の摂り方

痛風のために葉酸を摂る場合は、その摂り方に十分注意をしましょう。

葉酸の多く含まれる食品にはほうれん草や牡蠣、レバーなどが挙げられますが、同時にプリン体の多いレバーなどはもちろんNGです。

また痛風の治療には粗食小食を心掛ける必要があるため、葉酸が摂れるからといって大量に食べるのもNGなのです。

ですから葉酸を用いた痛風の治療・予防を考えるならば、サプリからの摂取をおすすめします。

食品から摂るよりも吸収率が良く、なおかつ不必要なものを摂らなくて済むというメリットがありますし、ビタミンCなど葉酸の働きを良くする成分が一緒に含まれている場合が多いからです。

葉酸は妊娠している女性のためのものと思われがちですが、それ以外にも大変良い働きをしてくれるのです。

管理栄養士が教える葉酸サプリの賢い選び方