精子と卵子が出会い、受精卵となると子宮内膜にたどり着き着床して妊娠となります。

たくさんの精子と卵子の中から、運命的に出会った受精卵が根付く子宮内膜の状態が良くなければ、残念な事に流産してしまう事になるのです。

妊娠に大切な子宮内膜に受精卵が着床して胎児に成長する為には、葉酸はとても大切な栄養です。

いつから子宮内膜を元気にするために、どの様に摂取すべきでしょうか。

宮内膜が薄いと受精卵が上手く着床出来なくなる

子宮は、子宮を守るための子宮子宮漿膜で覆われ、その内側に子宮筋膜があり、この筋膜の内側にあるのが子宮内膜です。

この子宮内膜は、卵胞期にエストロゲンの分泌が増加すると厚みを増していきます。

これは妊娠して着床がしやすいように柔らかくふんわりした布団のような状態にする為で、子宮内膜が薄いと受精卵が上手く着床出来なくなるからです。

黄体期に入り、今度はプロゲステロンの分泌が増えると更に子宮内膜は厚みを増していきます。
女性ホルモンから栄養を与えられ、いつでも妊娠可能なように子宮内膜はスタンバイするのです。

妊娠が成立しないと、古くなった子宮内膜は徐々にはがれていき月経期に排出されます。
これを繰り返し、子宮内膜はいつも新鮮な状態をキープして受精卵を待たなければなりません。

子宮内膜は薄くても厚すぎても妊娠しにくくなる

子宮内膜は、エストロゲンとプロゲステロンの2つのホルモンを順に受けて成長し厚みを増していきます。
この子宮内膜のベストな厚みは8mmから10mmで、薄くても厚すぎても妊娠しにくいと言われています。

厚みが8mm以下になると受精卵が落ち着いて成長が出来なくなるため、しっかりした子宮内膜を作ることが大切です。
ホルモンが子宮内膜を作るわけですから、卵巣で女性ホルモンが作られなくてはいけません。

特に黄体ホルモンの分泌がしっかりしないと、子宮内膜がしっかりと育たず薄いままになります。
この黄体ホルモンの低下は、加齢や血行不良により起きてしまうのでこれを改善する必要があります。
これらを改善する為にも、葉酸の摂取は必然でありサプリで補給することが必要なのです。

天然酵母のベルタ葉酸サプリはこちら

子宮内膜は厚くても良くない!

生理が終わると、エストロゲンが子宮内膜のベースを作り始めます。

このエストロゲンが過剰に分泌されてしまうと、土台が厚くなりすぎてプロゲステロンにより子宮内膜が完成される頃には、必要以上に厚みが出来てしまいます。

この状態を子宮内膜増殖症と呼び、長くこの状態が続くと子宮体がんに進行してしまう恐れがあるのです。

エストロゲンは女性らしい身体を作る大切なホルモンで、規則正しい生活をしていれば体内で生産されます。
過剰にエストロゲンを外部から摂取しすぎると、子宮内膜が厚くなりすぎて妊娠出来ないどころかがんになり摘出しなくてはならない事にもなるのです。

子宮内膜の厚みをベストな状態にするには葉酸が必要

葉酸サプリの摂取
妊娠しやすい子宮内膜にするには、ホルモンバランスを整えて身体のサイクルを正常にする事が一番です。
その為には、ストレスを溜めないこと、身体を冷やさないこと、栄養のバランスをしっかり考える事です。

運動不足は、筋肉の量を減らすので身体が冷えやすくなります。血行が悪くなるので代謝も低下してホルモン分泌が乱れます。そして代謝や血行を良くする為には、血液の流れを良くすることが大切です。

どんなに運動をしても栄養のバランスが良くなくては、筋肉は育たず血行も悪いままです。栄養をしっかりとること、中でも葉酸の摂取は子宮内膜の状態を良くする為に必要な栄養ですから、食事からではなく葉酸サプリから摂取しましょう。

産婦人科の女医
性交すれば妊娠するものではなく、受精卵が子宮内膜に着床して根づいてこそ妊娠が確定します。

卵子は排卵が始まると、卵管を通って子宮へと移動を始めます、
その移動中に精子が卵管にたどり着くと受精し受精卵として子宮へ移動していきます。

この受精卵が無事に子宮内膜に着床して、定着すると細胞分裂が始まるのが妊娠の仕組みです。受精卵となっても、子宮内膜に着床しなかったり着床しても根を張れずに排出されてしまうこともあるので、妊娠を確定するのは子宮内膜であると言えます。

葉酸は血液を作り出す大切な栄養でもあり、ホルモンを安定させて子宮内膜を着床しやすい厚さに作り上げ環境を整えます。

これが受精卵の着床と定着率を高めるので受精卵の成長もスムーズになるのです。こうなると妊娠しやすくなり、その後は細胞分裂も活発に元気な赤ちゃんが成長します。

同時に子宮内部の血行を促すので、受精卵が正常に成長し流産や死産を予防するだけでなく先天性奇形リスクも低下させる事ができるのです。運動や食事で、血行を良くしておくことはもちろんですが、その為には葉酸だけでなくバランスの良い栄養が必要です。

これをサポートするのが葉酸サプリですから、食事以外からも十分な葉酸を妊娠前から摂取して子宮内膜を元気にしておきましょう。

葉酸は食事から摂取するのは不可能?その理由とは?

管理栄養士・医師がおすすめする葉酸サプリはこちら

葉酸が子宮内膜を元気にする!

葉酸は細胞分裂や増殖の為に欠かせない栄養です。

ホルモンバランスを整えるだけでなく、内膜の強化にも作用するので受精卵が着床してから定着させる柔らかい子宮内膜を作ります。

血液をサラサラにして血行を改善するので、身体の巡りもよくなり子宮内の血行を良くします。

その事で、受精卵が着床した後の成長を促進し健康な胎児の成長をサポートするのです。胎児リスクを低下させる働きもある葉酸は、子宮内膜を力強くし妊娠力をアップするだけでなく出産間で長く必要な栄養と言えます。

葉酸はサプリで摂取しよう!ベルタ葉酸サプリがおすすめ

ベルタ葉酸サプリ
水溶性のビタミンである葉酸は、子宮内膜の強化や着床、成長の為に必要な栄養ですが、身体に蓄積されないために、サプリを利用しましょう。

男性の精子を力強くする力もあるので、夫婦で妊活を始めた時から飲めるものが良いですね。
ベルタ葉酸サプリは、安全性に栄養のバランスにすぐれ葉酸の量も厚生労働省が推奨する400ug含まれています。

粒も小さく、つわりが辛い女性でも心配なく利用できるのもポイント。栄養不足になりがちな、妊娠初期もしっかりサプリでビタミンやミネラルを葉酸と同時に摂取できます。

これがつわりの原因になる、冷えやストレスなども軽減できるのでベルタ葉酸サプリを利用しましょう。

天然酵母のベルタ葉酸サプリはこちら


管理栄養士が教える葉酸サプリの賢い選び方