生理不順

生理について

女性は成長していくにつれて、赤ちゃんをつくるための準備が体の中ではじまります。
体にさまざまな変化が起こるようになり、女性らしい体つきになり胸が大きくなることも赤ちゃんを育てるための準備のひとつです。
赤ちゃんはお母さんのお腹の中にある子宮の中で育ちます。
子宮の中でおかあさんから栄養をもらいながら育っていくのです。

体の中で赤ちゃんを作る準備ができているのに、妊娠しなかった場合には、子宮の内側の一部が剥がれて血液と一緒に外にでてきます。
このときにでてくる血は経血とよばれています。

経血の状態を知ることで、そのときの自分の体調をある程度知ることができます。
いつもより黒い場合は、体が冷えていて血流が悪くなっていることが考えられます。
いつもより赤い場合は、ストレスなどで体がほてっていることが考えられます。

生理とは、女性の体の中の子宮から周期的にでてくる経血のことです。
健康的な女性であれば、妊娠すると生理はとまります。
妊娠しない場合は28日周期で定期的におこります。

生理不順について

生理がくる周期は、人によっては28日より短かったり、長かったりする場合もあります。
経血がでる日数は、3日から7日程度の場合が多いですが、それより短かったり、長かったりする場合もあります。
出血量も人それぞれで、多い人もいれば、少ない人もいます。

定期的に生理がこなくなったり、出血量がいつもと違っていたり、出血している日数が変わったりと、いつもと違う状態が続く場合には生理不順が考えられます。

過労やストレスがたまっていくと、女性ホルモンが正常に分泌されなくなることがあります。
女性ホルモンをだすように命令するのは、脳内にある視床下部という部分です。
過労やストレスにより、視床下部の機能が低下するために、女性ホルモンの分泌がうまくいかなくなり、生理がとまってしまうのです。

無理なダイエットをしていると、体に必要な栄養素が足りなくなってきます。
十分な栄養がない状態がしばらく続くと、体の中のホルモンバランスが乱れてきます。
その結果、女性ホルモンが正常に分泌されなくなり、生理がとまってしまうのです。

激しいトレーニングをすると大量のエネルギーが消費されます。
本来であれば生殖機能に使われるはずの栄養が、体力の回復に浪費されていまいます。
生殖機能は本人が生きていくうえでは必要ないと判断されるために、生理がとまってしまうことがあります。

生理不順を改善するには葉酸サプリ

現代の日本人女性は、食生活が欧米化したこともあり、ご飯や野菜を食べる量が少なくなりました。
その結果、食事をしても、カルシウムや鉄分、ミネラル、ビタミンなどが十分にとれなくなっています。
カルシウムが不足すると骨が弱くなって骨折しやすくなりますし、鉄分が不足すると貧血になりやすくなります。
ビタミンが不足するとイライラしやすくなったり、女性ホルモンの分泌が低下するといわれています。

食事だけではとりにくい栄養は、葉酸サプリで補給しましょう。
葉酸サプリには、女性にとって不足しがちな栄養素がたくさん含まれています。
サプリメントを毎日のむことで、生理不順になりにくい健康的な体にしていくことができます。

葉酸サプリがなぜ生理不順を整えるのか?

葉酸サプリには食事で不足しがちな栄養素が含まれています。
このサプリを毎日服用することで生理不順を改善することが期待できます。
ではサプリメントに含まれている葉酸とは、いったいどういうものなのでしょうか。

葉酸は体の中で必要なビタミンであり、血液の成分である赤血球を作るためには欠かせない栄養素です。
造血作用のほかにも、細胞の成長にかかせないものでもあります。
体の中で葉酸が足りなくなると造血作用が弱くなってしまい、貧血をおこしたり、生理不順が起こりやすくなります。
葉酸は厚生労働省が摂取を推奨している栄養素です。

産婦人科の女医
妊活はじめは基礎体温の計測から始まり、排卵リズムを把握しなくてはなりません。

生理周期は、月により数日の誤差がでるのは正常範囲ですが、あまりにもずれてしまうのは何かしらの問題があると考えられます。周期が安定していても基礎体温が正常でない場合にも生理不順と考えます。
女性は筋肉が少ないので、痩せていると生理不順になりやすいと思われがちですが、肥満も生理不順の原因になります。

無理なダイエットで栄養不足であっても過食で肥満になっても、身体は悲鳴を上げてしまいホルモン分泌のバランスを崩してしまいます。

痩せたい・キレイになりたいからと食事を我慢すれば、脳はそれをストレスとして感じますし、肥満になれば脂肪細胞が過度にエストロゲンを分泌するのでホルモンバランスを崩します。

生理不順になりやすい人は、この様自己にコントロールをできなくなってしまうのでホルモンバランスが崩れて生理不順になりやすいのです。

そしてこの様に食事の偏りは、血液をドロドロにして冷えを引き起こす事に繋がります。
ホルモン分泌が上手く働かない上に、冷えが強くなると子宮環境も悪くなり子宮内膜の生まれ変わりができなくなるのです。

これを解決するには、生活習慣の改善と葉酸摂取による造血が必要です。血液が元気になれば、冷え症が改善されるだけでなく、身体機能も正常に働きます。精神的にも安定するので、ストレスも感じにくく過食に走らなくなると良いことばかり。肥満になる原因には、ストレスによる過食と代謝低下です。

これが解決できれば、自然と生理不順も改善することができます。食事だけで必要な葉酸を摂取するのは難しい事から、妊活だけでなく女性の健康の源である生理リズムを取り戻す為にもサプリを利用しましょう。

管理栄養士・医師がおすすめする葉酸サプリはこちら

葉酸サプリには、葉酸以外にも体に必要な栄養素が含まれている

骨密度が低くなった場合、カルシウム製剤が医師から処方されることがあります。
カルシウム製剤の中には、ビタミンDがはいっているものもあります。
ビタミンDは牛乳の中にも含まれていて、カルシウムの吸収を高める効果があります。

牛乳にはビタミン以外にも、タンパク質やミネラルなど、子供の生育に必要な栄養素がたっぷり含まれています。
牛乳と同じように、葉酸サプリに葉酸以外の栄養素がはいっていることで、それぞれの栄養素の吸収を高める効果があるのです。

多くの葉酸サプリには、ビタミンB6(VB6)が含まれています。
ビタミンの名前の由来は、生命(VITAL)とアミン(AMIN)の造語で、VITAMINとよばれるようになりました。
ビタミンは体の中で作られないので、食事やサプリメントなどで摂取しなければなりません。

生理不順の原因はストレス!ストレスを解消するビタミンB6が配合されている葉酸サプリは?

サプリメントによっては、含まれている栄養素の量や種類が違います。
購入したいと思っているサプリメントが、どんな効果があるのかを知りたい場合は、説明書に書かれている成分名を見てみましょう。
イライラ感を解消したいのであれば、VB6が含まれていることをチェックします。
葉酸サプリにはビタミンB6が含まれているものが多いですが、サプリメントを大量に飲んだからといって効果が強くなるわけではありません。
VB6のような水溶性ビタミンは、大量に服用してもほとんどが体外に排泄されます。

しかし、葉酸サプリには他のビタミン、たとえば脂溶性ビタミンであるビタミンD、ビタミンEが含まれているものもあります。
脂溶性ビタミンは、大量に服用すると体に蓄積してしまい、おもわぬ副作用がでて体に害を及ぼしてしまうことがあります。
医師から薬を処方されている場合は、その薬と葉酸サプリの成分が、重複していないかチェックする必要があります。
自分でチェックできない場合は、医師や薬剤師に、併用してもいいのか相談しましょう。

サプリメントに含まれている成分は、医師が処方する薬の成分よりも少ない場合がほとんどなので、それほど神経質になることはありませんが、海外から輸入する薬によっては、日本で処方される薬よりも成分が多いものもあるので注意が必要です。

>>
ビタミンB6配合の天然酵母の葉酸サプリはこちら


管理栄養士が教える葉酸サプリの賢い選び方