頭痛の女性
現在、妊娠中・妊活中の女性から大きく支持されている「葉酸サプリ」それが実は「貧血」にも効果があるということを知っていましたか?

葉酸と貧血の関係

「貧血」と一言で聞くと「鉄分不足から起きる目眩や吐き気」を想像される人が多いかと思います。

もちろん、「鉄分不足」によって引き起こる貧血も少なくはないです。

けれど実は、「葉酸不足」でも貧血を引き起こすことがあるということを知っていますか?

「葉酸は血液との関係が深い」「赤血球の合成を行う」と説明しましたが、葉酸が足りなくなると充分な赤血球が作られず、赤血球は体中に酸素を運ぶ役割をしているので、体全体に酸素が充分に行き渡ることができず、結果貧血を起こしてしまうということなのです。

この症状のことを「悪性貧血」といい、立ちくらみやめまい、吐き気や頭痛を引き起こします。

また、葉酸は細胞の生成に必要な栄養素であると共に、体の粘膜を健康に保つ役割を持っているので、不足してしまうと細胞が正常に作り出されなくなります。

そうすると粘膜もどんどん不健康な状態になり、傷ついたり荒れてしまったりしても、修復されず口内炎ができたり胃潰瘍になったりすることがあるのです。

葉酸不足からなる貧血の対処方法は「葉酸を摂取する」ことでしか治療法がありません。

産婦人科の女医
貧血はめまいや立ちくらみが自覚症状としてあげられますが、ここまで症状進むとかなりの重篤な貧血です。

多くの人は、イライラしたり疲れやすい、階段で息切れする等を感じるようです。

女性は生理で毎月血液を失うので、特に貧血予防の為に栄養を摂取する必要があります。良く「貧血にはレバー」と言うのは、鉄分だけでなく葉酸が非常に豊富に含まれているからです。

妊娠すると赤ちゃんに運ぶ血液が必要になりますが、特に血液が増えるわけではありませんのでママは貧血になりやすくなります。優先的に、赤ちゃんに酸素や栄養素を送り出すので血液濃度が薄くなるのです。

血液は赤血球により、濃く作られますがそれが薄くなる事により酸素の供給ができなくなり酸欠状態になってしまいます。

二人分の血液をママが一人で補わなくてはならないので、鉄分がより使われることから鉄分不足による貧血になりやすいのです。
これは妊娠初期に起こりやすく、中期に入ると赤ちゃんもどんどん成長し、より多くの酸素と栄養を必要とするので血液中の赤血球が減少し悪性貧血を起こしやすくなります。

鉄分はヘモグロビンを葉酸は赤血球を作り出す作用があるので、この2つの栄養が欠乏すると血管にダメージを起こし貧血だけでなく病気になりやすくなります。

そして血液が少なくなることにより、赤ちゃんの成長が遅れてしまい未熟児や虚弱体質になることも考えられます。貧血を改善するためには、鉄分だけ葉酸だけではなくこれらをサポートするビタミン群も必要です。

ある一定の栄養だけを摂取すれば貧血が改善するものではありませんから、食生活からきちんと見直し、鉄分と葉酸を同時に摂取できるような食事に加えてサプリを使って補給する事をおすすめします。

管理栄養士・医師がおすすめする葉酸サプリはこちら

貧血を予防するには食事より葉酸サプリ?

葉酸不足から引き起こる貧血は「葉酸を摂取する」ことでしか解決しないと説明しましたが、では成人した人間が一日に必要な葉酸の摂取量と、その量を一日で摂るにはどのくらいの食品を食べればいいのかをご説明しましょう。

まず、一日に必要な葉酸の摂取量ですが、厚生労働省における一日の葉酸摂取量の目安は400μg(マイクログラム)と言われています。けれどこれは、「あくまで目安」なのです。

どういうことかというと、例えばきちんと毎日ぴったり400μgの葉酸を摂取したとしても、葉酸というのはその全てが体内で吸収され力を発揮してくれるというわけではないからです。

加熱した食品では摂取量は約半数になりますし、サプリメントで摂取しても添加物の配合などで約85%になります。

だからといって過剰摂取をしてしまうと逆に体調に問題が出てきてしまったりすることもあるので、ちょうどいい量を毎日摂取し続けることが大切なのです。

>>葉酸の摂取量ってどのくらい?

では、ここでどんな食品にどのくらいの葉酸が入っているのかいくつかご紹介します。

ほうれん草…100gあたり、生なら200μg程度、茹でたら100μg程度
ブロッコリー…100gあたり、茹でた状態で120μg程度
かぼちゃ…100gあたり、茹でた状態で75μg程度

それ以外にも、いちご、バナナ、アボカドなどのフルーツやエリンギ、まいたけ、しめじなどのきのこ類にも葉酸は入っていますが、やはり青菜野菜には量では敵いません。

例えばブロッコリーのみで一日分の葉酸を補おうと思ったら、だいたい一房丸々が100g前後なので、4房も食べなくてはいけなくなってしまう計算です。

それを毎日続けるのはかなりきついものがありますよね?

貧血におすすめの葉酸サプリは?

現在様々な会社が様々な葉酸サプリの商品を販売していますが、今回「貧血」に注目しているのでおすすめしたい商品は、酵素水などでも有名な「ビーボ」社が作っている「ベルタ葉酸サプリ」です。

このベルタ葉酸サプリ、その配合されている成分の100%が天然由来成分で作られていて、発がん性があるような危険な添加物は一切使われていません。

また、一日に必要な葉酸の摂取量400μgが摂取でき、また、葉酸と共に赤血球を作る働きを助けるビタミンB12も配合されており、それだけでなく、カルシウムや、貧血持ちの人には同時に摂取したい鉄分、また美容成分など、普段の食事だけでは摂取しづらい栄養分が多く含まれています。

粒の形状も他社製品に比べて小さく、飲みやすい形になっています。葉酸不足による貧血だけでなく、これなら鉄分不足での貧血もカバーすることができるのです。

>>
貧血に効果のあるベルタ葉酸サプリはこちら

貧血 葉酸「まとめ」

いかがでしたでしょうか?
以外に貧血・血液と関係の深い「葉酸」今現在の若い世代は男女関係なく食生活の乱れによって葉酸だけでなく、体が一日に必要としている栄養分がうまく摂取できていないことが多いです。

そういった場合でもサプリで補うことは決して間違いではありませんね。


管理栄養士が教える葉酸サプリの賢い選び方