糖尿病は葉酸で治すことができる?
妊娠中には様々なトラブルが発生します。中でも、高血圧と糖尿病については、赤ちゃんの先天性リスクを高くすることから妊娠検査でも厳しく基準を定めて診断されるようになりました。ママだけでなく赤ちゃんに影響を与える糖尿病はできる限り予防し、発症を抑えなくてはなりません。

妊娠初期から摂取を勧められる葉酸は、様々なリスクを低下させてくれ糖尿病予防にも非常に効果が期待されます。新しい命の為に、そして自分自身の健康の為にも葉酸がどのように糖尿病に効果が期待できるのかなどを詳しく説明していきます。

妊娠中の糖尿病について

妊娠中の糖尿病について
現代人の多くが予備軍を含めて、非常に多く発症するとされています。

中高年の病気と思われるかも知れませんが、食生活の偏りにより10代から発症するリスクが非常に高くなっています。
世界的にも問題になっているこの糖尿病は、インスリンホルモンの働きが低下する事で発症し、女性の発症率が高くなっているのです。遺伝だけでなく、運動不足や食生活などの生活習慣が問題となっています。

早期に発見することにより、症状を軽くして健康を取り戻せる病気です。

妊娠中に発症する糖尿病は、糖質代謝が異常をきたすために起こるもので、通常の糖尿病よりも軽度の状態です。
妊娠すると、胎盤から血糖値をコントロールする為にインスリンホルモンが分泌されます。通常は肝臓で分泌されるインスリンですが、赤ちゃんに栄養を与えるために一時的にママの身体が変化する事により起こってしまいます。

妊娠前から肥満気味な人や、血族に糖尿病患者がいる人、高齢で妊娠した人は発症しやすくなってしまいます。健康診断で問題がなかった人も、妊娠すると発症することがあり産後には正常に戻りますが、高齢になり糖尿病になりやすくなりますから日頃から食事のバランスを考えて血糖値をコントロールするようにしなくてはなりません。

妊娠中に糖尿病になりやすい原因

娠中に糖尿病になりやすい原因
糖質はブドウ糖に変換され、エネルギーとなって代謝に利用されます。

このブドウ糖は、赤ちゃんに優先して運ばれるのでママの身体には供給されにくくなってしまいます。

この状態で、糖質の多い食事やスイーツを食べていると血糖値がどんどん高くなりインスリンを抑えるホルモンが過剰分泌されることで分泌が間に合わず血管が脆くなっていくのです。

糖尿病になると赤ちゃんにどんな影響を与えてしまうの?

妊娠中に糖尿病になっても、妊娠中の不快な症状と差ほど変わらないために自覚症状で判断する事は難しくなります。

通常な妊婦検査で血糖値を測定して異常があれば詳しい検査を行います。

いつ発症するか分からないので、日頃から予防をする事が一番であると言えます。

糖尿病が悪化してしまうと、妊婦高血圧症候群だけでなく流産の危険性も高くなります。

それだけでなく、赤ちゃんの発育にも影響を与えてしまい先天性異常や機能不全、低体重、生まれながらの低血糖などリスクが非常に高いです。検査で問題はなくても、食事や運動習慣をしっかりつけて発症を抑える事が重要なのです。

糖尿病は葉酸が良いってそもそも本当?

shutterstock_246500683
通常の糖尿病と同じで、血糖値を安定させる事が大切です。先ずは食事療法に運動習慣で、血糖値をコントロールしていきます。運動については無理のない程度のウォーキングを中心に、妊婦向けの運動を続けていきます。

食事療法では、糖質だけでなく塩分コントロール、脂質も減らして栄養がバランスよく摂取できるようにします。1日の摂取カロリーも決められて、管理下の元で改善していきます。妊婦中の糖尿病は、食事と運動で多くが改善できますが上手く血糖値がコントロールできないようであれば入院措置が取られインスリン投与などを検討していきます。

産婦人科の女医
糖尿病は、糖質代謝の異常により起きる病気で現代人の多くが糖尿病予備軍であるとも言われます。

通常は、膵臓からインスリンが分泌され処理されますが、ブドウ糖が上手く筋肉や脂肪に取り込まれずに排出されてしまうことで血液内の血糖値だけが上がり合併症を引き起こします。
妊娠糖尿病と通常の糖尿病では、発症の原因が異なりますが血糖値異常であることには変わりはありません。

お腹が大きくなるにつれて、血液中のブドウ糖の分解能力が低下する事から、糖質の多い食事を普段からしている人や甘いものがやめられない人は注意が必要です。
家族に糖尿病を患っている人がいたり、妊娠して急激に食欲がでてしまい太ってしまった、高齢出産の人はリスクが高くなりやすいです。糖尿病になると、血圧が高くなり妊娠高血圧や流産リスクも高くなります。

赤ちゃんが育ったとしても、血糖値異常であったり発育不全で生まれてしまう可能性もあるのです。
そうならない為にも、葉酸をしっかり摂取して予防を始めましょう。糖尿病の本当の怖さは合併症です。

葉酸は血管を強化して、動脈硬化や心臓疾患の合併症を予防してくれます。糖尿病の改善は、生活習慣や食事。その1つとして、葉酸は大切なものであり赤ちゃんの成長を妨げない為に摂取すべきなのです。

管理栄養士・医師がおすすめする葉酸サプリはこちら

糖尿病になったらどんな食事?葉酸を含むものとは?

軽度の糖尿病とはいっても、食事制限をされてしまうと栄養をどう摂取すべきか迷ってしまいます。先ずは血糖値を上げる食材と下げる食材を頭に入れましょう。

控えたい食材

糖尿病中には控えたい食材
血糖値を上げるものと言えば、チョコレート等の糖質が多いものです。

加工食品には塩分や脂質も高いので、できる限り控えたいですね。
調味料であるドレッシング等も、できる限り使わずにスパイスやだし汁でうま味を引き出すようにします。

積極的に食べたい食材

糖尿病中には積極的にとるべき食材
野菜だけでなくタンパク質も必要です。洋食よりも和食を中心に、魚・大豆・海藻類・玄米・きのこを食べるようにしましょう。

もちろん食物繊維や葉酸が豊富な野菜はたっぷりと食べることです。

1日の摂取カロリーを考えて、良く噛んで食べるようにすれば間食を控えられ糖尿病リスクを低下させ予防もできます。

葉酸はどう糖尿病に効果があるの?

葉酸は造血や赤血球を作るなど、血液を作り血管を強くする作用があります。

同時にDNAや神経組織にも働きかけるので、糖尿病による合併症を予防する力を発揮してくれるのです。葉酸不足が貧血の予防をするのは、造血だけでなく動脈硬化の原因になるホモシステインの発生を抑えることもわかっています。

糖質や脂質が血液内に増えると、悪玉コレステロールがどんどん作られます。
この悪玉コレステロールとホモシステインが血管を傷つけてしまい、詰まりを作る事が動脈硬化の原因です。

こうなると血圧も高くなり、糖尿病と高血圧の合併症までもを引き起こしかねません。

この様に葉酸が血行を促し、造血により血液を巡らせる事で血圧が安定しインスリンホルモンが正常に働くのではないかと考えられています。妊娠中には葉酸だけでなく、バランスにすぐれた食事をすること、運動習慣をつける事で糖尿病リスクを減らすことができるのです。

葉酸摂取し糖尿病を予防しよう

血液をつくる栄養を食事
妊娠すると風邪を引きやすくなったり、インフルエンザに感染しやすいのは免疫力が低下するからです。

糖尿病になるのは、ホルモン異常ですからこれも免疫力が低下する為に悪化すると考えられます。葉酸はこの免疫力を高めて、病気の予防にも役立ちます。食事だけでは、葉酸を必要なだけ摂取する事は難しいので葉酸サプリを利用しましょう。

糖尿病の予防に葉酸サプリを飲もう!


血糖値をコントロールする為には、薄味の野菜中心の食事をする事が大切です。

とはいっても、妊娠中には十分な栄養を赤ちゃんに届けなくてはならないので食事だけでは不足してしまうこともあります。

葉酸サプリには、葉酸だけでなくカルシウムやミネラル、ビタミンが豊富です。良質な葉酸サプリであれば、野菜の栄養もしっかりと含まれていますので食事では摂取できない分を補給できます。たくさんの葉酸サプリの中でも、ベルタ葉酸サプリは野菜の栄養がしっかりと含まれているので安心です。

もちろん糖質や塩分、脂質のコントロールは必要ですが「足りない栄養補給」にはサプリを利用するのが一番であると言えます。糖質をエネルギーに変換するには、葉酸だけでなくビタミンB1とビタミンB2が必要です。

ベルタ葉酸サプリには、これら全てが含まれているので血糖値の上昇を抑えてくれるのです。

ミネラルの1つであるカリウムも多く、血圧を降下させ糖尿病を予防し改善しやすくしてくれますので、食事と合わせて利用しましょう。糖尿病そのものを治せるわけではありませんが、悪化を防ぐ力があるので積極的に摂取する事をおすすめします。

無添加の葉酸サプリから選ぶ


管理栄養士が教える葉酸サプリの賢い選び方