先天性奇形は葉酸サプリで予防できない?
晩婚化から高齢出産が年々増加しており、先天性奇形の赤ちゃんが生まれる確率も増えてきました。

高齢出産と聞くと「ダウン症」を頭に浮かべますが、これは先天性奇形の一種で他にも色んな状態で生まれてくる赤ちゃんがいるのです。先天性奇形の中には、命の危険性があり生まれて直ぐに集中治療室で治療を始めたり、時には緊急手術が必要な事もあります。

この先天性奇形を予防するには、葉酸の摂取が有効と言われていますが、どのような理由があるのでしょうか。

先天性奇形の原因や葉酸がもたらす効果についてまとめていきたいと思います。

先天性奇形とは?

無脳症
生まれつき身体に何らかの異常を持って生まれてくる新生児は、100人に4人の確率だそうです。

軽度な歯並びの悪さや、アザ等の命に関わらないものを含めて、二分脊椎症、無脳症、口蓋裂のように重度の身体的な損傷を持つものから、ダウン症なども先天性奇形に該当します。

先天性奇形の症状

染色体異常がない赤ちゃんの場合、健康な赤ちゃんと同じように成長し生を全うします。

心臓や消化器官、筋肉や骨だけでなく、神経や脳にまでその異常は広がり有効な治療が難しく現代医学では対応ができないものまであります。

先天性奇形の原因は?高齢出産はリスクが高い?

先天性奇形のはっきりした原因は不明ですが、3割程度がDNAや染色体に何らかの異常が認められています。母親の持病により、薬を乱用したりする事が原因ではないかとも言われますが、健康を害する程に服用しない限りは問題はないようです。

最近は福島原発の被爆問題が取りざたされましたが、放射物質を含む食物を長期的に摂取した事による「内部被爆」、放射物質をやむなく浴びた場合の「外部被爆」が先天性奇形に関係するのではないかと言われています。

特に食品は安全性の高いものをスーパーでも仕入れてはいますが、海の汚染により魚が被爆しているケースや輸入の肉の安全性についても注意が必要です。健康診断ではレントゲン検査があり、放射線の心配も懸念されますが医療現場で利用するレントゲンは短時間ですから、これが原因になっているとは考えにくいです。

細胞は常に生まれ変わっていますから、日頃から食品や調理法には細心の注意を払うことで原因となる1つを排除できると言えるでしょう。

心配な高齢出産での先天性奇形リスクですが、35歳を越えた場合非常に確率が高くなると言われています。通常の出産でも確率は0ではなく、染色体や遺伝子、被爆や薬だけでなく高齢はさらにリスクを上げると考えられるのです。

先天性奇形の場合、妊娠12週前後が一番影響を受けやすいので、日頃の生活習慣なども複雑に関わっていると思われます。自閉症などの発達障害は、遺伝子情報よりも「活性酸素」が脳の神経細胞を破壊する事により起きやすいともされています。

身体に活性酸素が増えやすい、このような生活習慣やストレス、栄養不足、肥満や添加物等も積み重なると細胞を傷つけてしまい、赤ちゃんに影響を与えてしまいます。

私の友人は30歳で出産しましたが、口蓋裂の赤ちゃんでした。このように「高齢出産だけ」ではなく、様々な原因が重なる事で先天性奇形が生まれてしまう現実はしっかり受け止めておきましょう。

葉酸不足は先天性奇形の神経管閉鎖障害を引き起こす?

ダウン症
妊娠初期に葉酸が不足する事で起きるのが、神経管閉鎖障害です。

ダウン症と違い、一生涯治療を必要とするので本人にも非常に負担がかかる疾患です。

遺伝的な要素もありますが、特に妊娠初期の葉酸不足が大きな原因であり、普段からアルコールの摂取が多いと葉酸の吸収が悪くなり発症リスクが高くなります。

妊娠4ヶ月以降の超音波検査で診断される事が多く、無脳症の場合には出産しても生きていくことができないので中絶を促されることもあります。中には死産や流産となるケースもありますし、ママの負担も非常に大きくなるのです。

葉酸は流産予防にもなる理由

先天性奇形予防には葉酸は必須

葉酸については妊娠力のアップや、ダウン症予防等の色んなメリットがあります。

より詳しくはこちら→葉酸を飲むことでダウン症を防げるって本当?

葉酸と亜鉛を併用すると妊娠率UP?妊活〜産後に葉酸と亜鉛を摂取した方が良い理由

特にイギリスで発表された文献では、神経管閉鎖障害リスクを葉酸摂取により減少させられた事から、日本でも全ての妊婦の葉酸摂取が母子手帳「にも記載されるようになりました。

妊婦初期から、葉酸を食事以外で400ug摂取する事で先天性奇形リスクを確実に低下させられます。

世界でも、先天性奇形リスクの軽減の為に積極的に摂取しています。先天性奇形は遺伝的なものも多少はありますが、それ以外を葉酸でカバーできるのですからしっかり摂取しましょう。

無添加の葉酸サプリから選ぶ

産婦人科の女医
先天性奇形は、ダウン症だけでなく、心臓や脳に何かしらの欠陥を生じる事です。

遺伝的な要素よりも、受精卵となってから成長する大切な時期にスムーズに細胞が分裂せずに身体の要となる神経組織が作られないために起こってしまうと考えられています。

葉酸は細胞分裂に関わる大切な栄養ですが、葉酸欠乏症であったり必要な葉酸がママから赤ちゃんに運ばれていないと、脊髄や脳の形成が上手くいかずに他の部分が作られてしまいます。

要となる神経管がしっかりと形成されないと、身体が作り上げられていっても骨や筋肉が形成されなくなってしまいます。
分裂が出来ない部位に障害がでると、自発呼吸が出来なかったり心臓に重い疾患が残る、肢体になんらかの欠損のある赤ちゃんが生まれてしまいます。卵子の状態を良質にするだけでなく、赤ちゃんの一番大切な成長過程において葉酸が十分にママの血液から運ばれないということは、成長をせき止めてしまうのと同じ事を意味します。

この先天性奇形リスクを低下させる為には、妊娠初期からの葉酸摂取が重要です。
受精卵が分裂を始め、脳と脊髄が作られ始めるのがこの時期だからです。
あくまでも妊娠4週目は「最低でもここに摂取の必要がある」と定めている期間ですから、確実に予防するのであれば妊娠1ヶ月前からの摂取が好ましいです。
卵子は毎月作られて排出するを繰り返しているので、卵子の段階から葉酸の力で細胞を強化し受精卵となった時には、さらに葉酸の力が赤ちゃんの成長を助けるからです。葉酸で先天性奇形が防げるなんて、噂だけで真実味がないと葉酸を怪しいものだと考えている人がまだまだいます。

葉酸は特別なものではなく、栄養として私達に必要なものであり赤ちゃんが元気に生まれてくる為になくてはならないものだということを理解しましょう。

管理栄養士・医師がおすすめする葉酸サプリはこちら

先天性奇形リスクを下げる葉酸はサプリで摂取しよう


妊娠してから葉酸をサプリで摂取するように言われるのは、妊娠すると通常の二倍の葉酸が身体の中で消費されるからです。

特に受精して着床すると、受精卵は細胞分裂が始まり赤ちゃんの形を作っていきます。

この細胞分裂を促すには葉酸が必要ですから、不足してしまうとこれが上手く働かなくなってしまうのです。そうなれば、脳や脊髄を作る神経管が作られずに先天性奇形を発症しやすくなります。このようなリスクは、食事だけでなく葉酸サプリで必要な分をサポートする必要があります。

食事から摂取できる葉酸は「ポリグルタミン」と呼ばれるもので、先天性奇形リスクを軽減できるのは「モノグルタミン」の合成葉酸です。

食事からもしっかりと葉酸は摂るべきですが、サプリで摂取する事も非常に必要であると言えるでしょう。

葉酸を食事から取れるっていうのは嘘?!

先天性奇形発症を予防するにはいつから葉酸を飲めば良いの?

先天性奇形のリスクを軽減させるには、妊娠初期の摂取が大切と言われています。

葉酸は赤ちゃんの身体を作る為に大切な栄養分です。

これが不足すると、細胞分裂を上手く働かせる事が出来なくなりますから、出来るだけ早くから葉酸サプリで補給をする必要があるのです。妊活を始めようと思った時が、ベストな時期です。中には妊娠に気付くのが遅かったり、気づいてから飲み始めたので不安に感じる人もいるかも知れません。

妊娠12週までに対策をとれば、先天性奇形リスクを低下させられますので、あまり心配せずに気持ちを楽にして過ごしてください。

先天性奇形予防と葉酸についてのまとめ

先天性奇形予防には、葉酸が非常に良い効果をもたらすことがはっきりしました。遺伝的な問題は、葉酸でカバーできませんがそれ以外は確実にリスクを下げる事ができます。元気な赤ちゃんを出産する為には、高い意識をもって葉酸摂取する事に加えて、生活習慣を整え「葉酸が吸収されやすい」ようにする事も大切です。食事だけではカバー出来ない葉酸は、質の高いサプリで補給しましょう。

妊娠している時には、葉酸は通常の倍必要ですし、せっかくサプリで補給しても吸収が悪くては意味がありません。吸収率の高い良質のサプリを選ぶだけでなく、吸収しやすいような生活習慣を心がけるべき。

タバコはもちろんですが、アルコールも授乳が終わるまでは我慢しましょう!

疲れた時に、コップに1杯くらいは・・・と思ってしまいますが、後で後悔する事がないようにグッと抑えてください。

ママの元気は、赤ちやんの元気にもつながります。早い時期から葉酸を摂取することで、妊娠力も高くなりますし先天性奇形もしっかりと予防できるのです。

出産後も葉酸サプリは、赤ちゃんの成長をサポートしてくれる成分となりますし産後の身体を元気にもしてくれます。私は今も葉酸サプリを飲み続け、元気な赤ちゃんの誕生を心待ちにしているのです。

国産の葉酸サプリから選ぶ


管理栄養士が教える葉酸サプリの賢い選び方