染色体異常
出産年齢が高くなった事から、染色体異常と診断される赤ちゃんが増えています。

この事は、高齢出産だけでなく葉酸不足が原因と言われています。

妊娠初期から、葉酸を摂取する事でこのリスクを低下させる事ができるとも言われていますが、どのような働きがどう作用するかについては知らないこともたくさんあります。

染色体異常とは何か、葉酸で本当に防ぐ事はできるかについてまとめます。

染色体異常ってどういうこと?

染色体異常ってどういうこと?
人間の身体は無数の細胞により作られています。

その1つ1つには、遺伝子情報が託された染色体が存在し、髪の色や目の色、肌の色を作っているのです。

染色体は23本が2対になっていて46本で出来ているのですが、両親から受け継いだ染色体の本数や構造がなんならの異常をきたしていると身体に何らかの異常が発症します。染色体異常には幾つかの症状があり、何番目の染色体に異常があるかで発症する状態も違います。

[染色体異常の症状:1]ダウン症


染色体の21本目が通常より1本多く、全身の発達障害や発育不足が見られます。

特に成長すると、顔つきが特徴的であったり生まれた赤ちゃんの身体がふにゃふにゃしている等の特徴があらわれます。染色体異常の症状の中でも一番多く、高齢出産で生まれる赤ちゃんに見られやすいようです。

[染色体異常の症状:2]エドワーズ症候群


染色体の18番目が1本多く、ダウン症と違い呼吸器や心臓に疾患が起こる事が多いようです。ダウン症に続いて発症しやすく1年以内に死亡する事が多いです。

[染色体異常の症状:3]パトー症候群

染色体に13番目が1本多い事で起こるもので、やはり呼吸器や心臓に疾患を持ち1年内に死亡する事が多いようです。生まれたら成長する事ができずに、すぐに亡くなってしまう赤ちゃんもいます。

ダウン症の赤ちゃんは、成長速度は遅いのですが身体的には普通に成長します。

知能の発達が遅いとも言われますが、ある1つの能力に秀でたりする場合もあり世の中で活躍しているダウン症の人もいます。そこまでに成長するまでに、両親は非常に大変な苦労をする事もあり妊娠を望む人にとってはできるだけ避けたいものでもあります。

染色体異常と葉酸


染色体異常はハッキリした原因が究明されていませんが、受精卵となる時になんならの異変が起こるのではないかと考えられています。

卵子と精子はそれぞれに46本の染色体を持っているので、受精すると細胞分裂により46本から23本に減らそうとしていきます。お互いが23本になる事で、赤ちゃんは46本の染色体を持って生まれてくるのです。

この細胞分裂のタイミングで、分裂がうまくいかないと染色体の本数に異常が発生してしまうのではないかと言われているのです。染色体異常を予防する為には、この細胞分裂が正常に働かせる事が大切で、それに関わる栄養である葉酸を十分に摂取する事が予防に繋がると考えられているのです。

染色体異常がある受精卵の全てが、ダウン症等になるとは限らず受精卵のまま成長せずに流産してしまうこともやあるのです。

そう考えると、葉酸を十分に摂取していれば受精卵の細胞分裂をサポートして着床し健康な赤ちゃんが育つといえます。ただ葉酸が100%予防できるのではなく、あくまでもDNA合成や細胞分裂をする為の力になるものです。

葉酸でできる限り予防をしながら、卵子が健康で若々しい世代に妊娠出産することが染色体異常の確率を低下させます。また毎日の生活習慣にも、リスクを高めてしまう要因があります。色んな角度から、自分の卵子の向上や老化を防ぐことを考える事が大切なのです。

葉酸が卵子を若返りさせる理由とは?

産婦人科の女医
赤ちゃんはママとパパの遺伝子情報を受け継いで生まれてきます。

染色体異常は、遺伝子情報そのものに問題があるのですが突然変異により起こる事が多く両親が健康であったとしても赤ちゃんが染色体異常にならないとは限りません。

ダウン症は、高齢な女性非常に多いのですが、タナー症候群や三倍体の異常はどの年齢でも発症しやすくなっています。
特に女性の卵子細胞は加齢により質が低下しやすく、染色体異常リスクが高くなります。染色体異常を持っている卵子は、成長することが出来ないままに流産する事が多くなります。

中には、染色体異常を持ちながらママのお腹の中でゆっくりですが成長していきます。
無事に生まれても、先天性の疾患を持っているので健康な赤ちゃんよりも成長速度が遅かったり、生まれてもすぐに死亡する事もあります。

この様なリスクを少しでも低くする為には、卵子の染色体に異常を起こさないようにしなくてはなりません。卵子の染色体に異常が発生する原因として、加齢による質の低下があります。

葉酸は、卵子の老化をくい止めながら質の低下を押さえて細胞が活発に働かせてくれます。卵子の質をキープしながら、受精卵となった時の細胞分裂にも葉酸の力がフルに発揮されます。

葉酸は全ての細胞を活発にして、正しい遺伝子情報を刻めるように働く為に必要な栄養です。年齢に関わらず、葉酸を摂取することで安心して妊娠出産に望める事は、女性にとって心強いものですから赤ちゃんの将来の為にもしっかりと摂取を考えるべきです。

管理栄養士・医師がおすすめする葉酸サプリはこちら

高齢出産ならなおのこと、葉酸で染色体異常リスクを低下させよう

妊娠
染色体異常リスクは、高齢になるほどにリスクが高くなっていきます。

通常の出産でも0ではないものの、35歳以上の高齢になると確率が急激に高くなっています。これは年齢と共に、卵子の質が低下する事が原因です。染色体異常だけでなく、受精率や着床率も低下しすくなり流産確率も高くなります。

色々とリスクがある高齢出産に望む人は、葉酸を心掛けて飲んでいきましょう。

染色体異常リスクを低下する為に葉酸摂取はいつごろから

赤ちゃんの染色体異常リスクを少しでも下げる為には、しっかり葉酸を摂取する事が必要です。

特に妊活中または妊娠初期に葉酸を確実に身体に吸収させておく事が大切です。

年齢と共に食生活も改善する必要もありますし、自分では野菜が不足している葉酸が足りないと感じているなら積極的に葉酸を含む食べ物を摂取するようにしましょう。妊娠初期からでも葉酸摂取は間に合いますが、できれば妊娠を計画した時から葉酸を摂り入れることを考えたいですね。

葉酸はどうやって染色体異常を回避すれば良いの?

染色体異常リスクを軽減する為には、480ugの葉酸が必要と言われています。これを食事で摂取しようとすると、毎食野菜や果物を食べ続けなくてはいけませんし量も必要ですから大変です。食事だけでなく、飲み物やサプリを利用して十分な葉酸を摂取できるようにしましょう。

[染色体異常を回避方法:1]葉酸の多い食事


食事でもできる限り葉酸を摂れると安心できますよね。ほうれん草が代表的な食材で、野菜に豊富に含まれています。

レバーにはたっぷり含まれているのですが、食べすぎには注意です。

色々と工夫してみると良いでしょう。豆類にも葉酸が豊富で食物繊維もたっぷり。タンパク質も赤ちゃんの身体の組織作りに大切な成分ですし、血液サラサラ効果もあります。

納豆や豆腐も良いのですが、こうや豆腐には栄養が凝縮されています。粉末にして料理に使ったりもできるのでおすすめです。

[染色体異常を回避方法:2]飲み物でも葉酸を!


緑茶にも葉酸が豊富ですが、カテキンが含まれるので妊娠中は過剰摂取に注意です。

1日2杯までを限度にして飲みすぎに注意してください。

食欲がない時や、つわりが辛いときにはイチゴやバナナ、キウイをジュースにして飲むのもおすすめ。
スムージーに葉酸の豊富な野菜と果物を使って、飲むのも良いですしさっぱりして飲みやすいので、夏場やつわり時期に飲んでみてください。

葉酸で染色体を予防するなら葉酸サプリを利用しよう

葉酸で染色体を予防するなら葉酸サプリを利用しよう
食事で予防する事は基本ですが、必要な量を食品だけでと言うのはなかなかできません。

食事で葉酸を摂取しても、実は必要な分には届きません。そして食品から摂取する葉酸よりもサプリの合成葉酸の方がはるかに吸収率が高いので厚生労働省ではサプリで400ugの摂取をすすめています。

どんな葉酸サプリを選ぶか迷ったら、選んで欲しいのはベルタ葉酸サプリです。

天然の植物から葉酸を抽出し残留農薬や放射能も原材料からしっかり検査を行う徹底ぶり。

化学合成着色料は不要の安全性がもっとも確かな葉酸サプリです。

この他にも、女性に嬉しい美容成分を配合してあったり、野菜の栄養やミネラル、ビタミン類もバランスよく配合されています。副作用の心配もなく、妊娠前から出産まで安心して飲むことができます。

染色体異常リスクを低下させ、身体を健康にキープ。

そして赤ちゃんの成長をサポートと、どれをとっても良いことばかりです。

妊娠力のアップや、着床率の向上だけでなく卵子の質も高めてくれる葉酸をメインにたっぷりと嬉しい栄養が非常にバランスよく配合されているのはベルタ葉酸サプリだけ。

人気のある理由は、「安全と安心」だけでなく飲みやすさや継続のしやすさにもあります。

染色体異常に怯えて妊娠するより、質のよい葉酸サプリを飲んで元気な赤ちゃんを授かりたいですね。

質の良い国産の葉酸サプリから選ぶ

ベルタ葉酸サプリの詳細はこちら


管理栄養士が教える葉酸サプリの賢い選び方