そもそもビタミンB12って?効果は?

ビタミンB12
ビタミンB12は、体に必要な栄養素のひとつで、コバラミンともよばれていて、人の体内で作ることができないため、食物やサプリメントで補給する必要があります。
海苔や魚介類には多く含まれていますが、野菜や果物にはほとんど含まれていません。
水溶性であるので大量に服用しても、吸収されない部分は体外に排出されるので、中毒の心配はなく、眼精疲労の回復効果があるので、点眼薬の成分としても使われています。

ビタミンB12は葉酸の再合成に関係している

体内では葉酸(ビタミンB9)の再合成にも関係しています。
葉酸はDNA合成に関与しているため、不足すると体の各組織で正常に細胞分裂ができなくなり、その結果貧血などさまざまな症状がでてきます。
葉酸が不足すると、体内にあるビタミンB12が葉酸の再合成に使われるようになりますが、ビタミンB12も不足していると再合成すらできなくってしまって、ダイエットなどで体内の栄養素が極端に不足している場合、ビタミンB12だけ摂取しても葉酸の再合成に使われてしまいます。

そのため、ビタミンB12の効果が十分に発揮できません。
ビタミンが不足すると欠乏症状がでてきますが、ビタミンB12は摂取をやめても、ある程度時間が経過しないと欠乏症状がでてきません。
これはビタミンB12が体の中にわずかに残っているからで、そのビタミンB12を少しずつ使っているからです。
だからといって、ビタミンB12をとらないでいると、やがてさまざまな症状がでてしまいます。
ビタミンB12と葉酸が含まれている葉酸サプリを選びましょう。

産婦人科の女医
アンチエイジングにはビタミンB12と言われていることから、美容サプリには必ず含まれている栄養です。

また神経痛や肩こりにもこのビタミンB12が必要で、血行を促進する効能が高いものです。葉酸と同じように造血ビタミンとも呼ばれ、葉酸がつくる赤血球の生成には欠かせないものであります。

これだけでなく、身体の代謝を高めたり修復にも働くので欠乏すると、巨赤芽球性貧血に陥ります。悪性貧血は胃の粘膜が萎縮する事によりビタミンB12が欠乏して起こるのに対して、巨赤芽球性貧血は葉酸とビタミンB12が外因的に摂取されずにDNA合成が出来なくなり赤血球が正常に作られずに肥大してしまうものです。

日本人には少ないのですが、葉酸とビタミンB12の摂取量が長期的に欠乏していたり、ダイエットの為に動物性タンパク質の摂取をやめてしまう、アルコール量が過剰な人は腸で吸収できなくなるために起こりやすくなります。

妊娠中には、葉酸不足から悪性貧血になりやすいのですが、このように腸の栄養吸収が悪い人や野菜しか食べないようになると巨赤芽球貧血になってしまうことも考えられます。この様な状態にならない為には、葉酸とビタミンB12を同時に摂取することが大切であり、野菜だけ肉だけを食べるのではなく調理方法を工夫してより吸収しやすいようにしましょう。

豚肉にはビタミンB12が非常に豊富に含まれているので、ほうれん草やアスパラ、水菜と一緒に調理すると良いでしょう。アマニ油やごま油にはオメガ3脂肪酸が豊富で、血液をサラサラにする効果もあるので、食用油にも少し注意するとより葉酸とビタミンB12を食品から摂取することができます。

これだけでは、十分な量を摂取できませんのでサプリを上手に利用するのも方法です。

管理栄養士・医師がおすすめする葉酸サプリはこちら

ビタミンB12が配合しているおすすめの葉酸サプリは?

ベルタ葉酸サプリ

ビタミンB12を含んでいる葉酸サプリには『ベルタ葉酸サプリ』があります。
豊富なビタミンを含んでいるばかりでなく、ミネラル、野菜成分、アミノ酸、美容成分を含んでいるので肌にも効果のある葉酸サプリです。。

葉酸には、モノグルタミン酸とポリグルタミン酸、という形があります。
ポリグルタミン酸はグルタミン酸が多くつながったもので、モノグルタミン酸はグルタミン酸がひとつだけのものでポリグルタミン酸は分子が大きいために、体の中で分解されないと吸収されにくくなっています。
ベルタ葉酸サプリに含まれている葉酸はモノグルタミン酸なので、分子が小さいのでグルタミン酸より2倍葉酸を体に吸収されやすいという特徴があります。

ベルタ葉酸サプリ1粒に含まれている葉酸の量は400μgでこの量は妊活中の妊婦の1日の摂取量となっています。
葉酸は1日1000μgを超える過剰摂取になると中毒症状がでてしまうことがあります。

>>¥ビタミンB12配合の天然酵母のベルタ葉酸サプリはこちら


管理栄養士が教える葉酸サプリの賢い選び方