自閉症
胎児が自閉症になる原因の一番有力な説は、先天性の脳障害が原因と言われています。
胎児は、お腹にいるときに、母親からたくさんの栄養を受け取ります。

葉酸の摂取が自閉症のリスクを減らすという、研究結果も出ています。これによると、葉酸サプリメントを摂取したら、自閉症の赤ちゃんが4割も低下したという結果がでて、葉酸と自閉症には大きな関係があることがわかります。

1日0.4~0.5グラムの葉酸

妊娠中は勿論ですが、妊娠前から葉酸を摂るように心がけるとよいでしょう。
1日に0.4~0.5グラム程度の葉酸を摂取するように勧められています。

これは葉酸の特質上、やはり食品からではなく、サプリメントからの摂取をするようにと、厚生労働省は勧めています。

やはり、食事だけでは、栄養がいき届かないため、多くの栄養素をバランスよく摂るためにはサプリメントがおすすめだと思います。

葉酸以外の自閉症になる原因は

自閉症になる原因は葉酸だけじゃない?活性酵素

葉酸以外の自閉症になる原因として有力説は、「活性酵素」が原因で神経細胞が破壊されてしまい、発達障害・自閉症が発症するという説もあります。

活性酵素が増える原因として「喫煙」や「飲酒」「高齢出産」「ストレス」「食品添加物が含まれる食品を摂る」「農薬」「肥満」なども挙げられます。

妊娠中は特に自分だけの体ではありませんので、このようなリスクを軽減する為にも上に挙げたような事はできるだけ控えるようにしましょう。

自閉症になる原因は葉酸だけじゃない?妊娠する時期に関係が

自閉症になる、原因は他にもあります。それは、妊娠する時期にも関係があると言われています。

夏に妊娠すると、秋に妊娠した人に比べて、自閉症になるリスクが2倍にも増えるという研究結果がイギリスの研究チームから、発表されました。

次に、妊娠中に母親が、感染症にかかった場合、生まれてくる子供が自閉症を発症させる確率が高くなるともいわれています。

産婦人科の女医
自閉症は発達障害の一つで、お腹の中にいる時には発見が出来ずに生まれてから3歳迄の期間に、言葉の遅れや認知障害があるものを指しています。先天性奇形とは異なり、言葉を発するようになってから「他の子供とは反応が違う」「友達と上手く遊べない」「反抗心が強い」等から発見されます。

脳の構造や機能に何らかの問題があるとされ、妊娠中の環境において活性酸素が赤ちゃんに影響を与える事で、細胞分裂を繰り返す間に脳になんらかの影響が与えられ起きると考えられます。
活性酸素は空気中の公害や、喫煙、飲酒により増えてしまいます。
妊娠を望む人の生活習慣に、これらが強く影響すると自閉症リスクが非常に高くなるのです。特に喫煙は、自分が吸わなくてもパートナーが喫煙者であると煙が体内に取り込まれるので要注意です。

加齢と共に活性酸素の処理も上手くいかなくなりますし、野菜や果物から摂取できるビタミンやミネラル不足や添加物なども原因となります。自閉症は幼児検査により発見されるので、早期発見早期治療が鉄則です。

そして赤ちゃんの自閉症リスクを低下させる為には、ママの生活習慣に対する意識の向上が大切なのです。食品はできるだけ無農薬の安全なものを口にする事や、栄養バランスを考えて肥満を避けること。

外食やファストフード等の添加物が多いものも、できる限り避けた方が良いでしょう。自閉症リスクを軽減させる為には、葉酸が非常に深く関わる研究報告もされています。確実な関係性は発表されていませんが、妊娠初期から葉酸を摂取していた妊娠では自閉症リスクが低下していることから、妊活時から葉酸をサプリで補給することで予防できることがわかります。

管理栄養士・医師がおすすめする葉酸サプリはこちら

自閉症のためにも葉酸だけではなくバランスの良い葉酸サプリを

所説ありますが、覚えておいてほしいのは、妊娠中のバランスのよい食事の摂取や、飲酒、喫煙、ストレスのない健康的な生活、食品添加物や、農薬、体に害のある物の摂取などは自分でも気を付けられる事だと思います。

そして、摂取するサプリメントにも注意が必要です。農薬や、放射能検査、無添加、無香料、無着色であるかなどを、きちんと調べて葉酸サプリを摂取するようにしましょう。

このように、自閉症のリスクを軽減するために、今、出来る事はやってぜひ元気な赤ちゃんを迎えてほしいと思います。

>>妊活中に必要なバランスの良いベルタ葉酸サプリはこちら


管理栄養士が教える葉酸サプリの賢い選び方