ドラックストア
ドラックストアで取り扱っている葉酸サプリの店舗やショップもネット・実店舗に限らずその数は増えていますが「ドラックストアで葉酸サプリを購入するのは危険」という噂もあります。

それは本当なのか?
そして何故そう言われているのか?

そのあたりを詳しく説明していきたいと思います。

そもそも「葉酸」って最近よく耳にするけどこれって何?

最近雑誌やネット上でも良く目に、耳にするようになった栄養素の「葉酸」そもそもこの葉酸は何なのか?

その説明からいたしましょう。

ビタミンの一種の「葉酸」

DHC 葉酸サプリ
最近様々な場所で耳にするようになった「葉酸」とは、ビタミンB郡の一種で、ビタミンCやビタミンAなどと同じように、食物から摂取でき「葉酸」主にほうれん草や春菊、小松菜などの青菜の野菜に多く含まれている成分です。

葉酸も含まれているビタミンB郡だけでなく、「ビタミン」と名前のつく成分は、摂取することによって体の細胞の動きを円滑にするための潤滑油の働きをしてくれます。

例えば、ビタミンCは摂取することによって肌の老化を防いだり、シミなどをできにくくしてくれますが、これはビタミンCが体内の細胞の酸化防止や免疫機能と深い関わりがあるためです。

同じように「葉酸」は体内の「血液」と深い関わりがあり、赤血球の合成や口内粘膜、皮膚の粘膜の強化をしてくれる働きを持っているのです。

葉酸は食事から摂取できる!?

葉酸サプリを薬局&ドラッグストアで買うのは危険?

「葉酸サプリをドラッグストアで買うのは危険」こんな噂をよく聞きますが、まず、結論から言えばこれは正しくもあり、間違ってもいます。
どういうことかと言うと、まず、ドラッグストアで売っている葉酸サプリにはいくつかの特徴があり、

  • 「安く、手頃な価格で買えるものが多い」
  • 「有名なメーカーが作っているものも多い」
  • 「近所のドラッグストアなどであれば、なくなっても気軽に買いにいける」

というメリットがあります。

葉酸サプリを薬局&ドラッグストアで買うデメリット

ドラックストアで買う葉酸サプリをデメリットを上げるならば「添加物が使用されているものが多い」この一点に限ります。

コンビニで買える葉酸サプリも同時に添加物が配合されている葉酸サプリが多いです。

これだけ聞くと、デメリットよりメリットのほうが多いし、ドラッグストアで買っても別に大丈夫なんじゃないの?と思ってしまいますよね。

もちろん「添加物を気にしない」という人もいるでしょう。
そういった方は薬局での購入はコストパフォーマンスもいいので、おすすめできるかもしれません。

しかし、ちょっと良く考えてほしいのは「葉酸サプリは妊娠中の女性におすすめできるサプリメント」という所です。自分ひとりの健康のためならば、多少の添加物が入ってる程度ならいいかもしれません。

でも、妊娠中の女性は自分ともう一人、お腹の中の赤ちゃんのことも考えて栄養をとらなければなりません。

人としての体を作っている真っ最中の赤ちゃんに添加物を飲ませることは果たしていいことなのでしょうか?

そもそも何故添加物が駄目なの?

なぜ「添加物入りのものを飲まないほうがいい」と言われているのかということをまずご説明いたします。

世間論においても「添加物」については賛否両論ありますし、全ての添加物が体に悪影響を及ぼすというわけではありません、しかし、その数ある添加物の中には「発がんリスクを高める」と言われているが規制がかかっておらず、普通にサプリメントや加工食品などに使用されていたり、安全性の認可が取れていない添加物などがあることも事実です。

そもそも「添加物」というのは食品がすぐに腐ってしまうことを防ぐための防腐剤であったり、味や香り、見た目を調節するための着色料や香料などのことを言います。

サプリメントに配合されている添加物も薬臭さを無くし、飲みやすくしたり、サプリメントの劣化を防ぐために疲れています。

そして、添加物を使えば使うほどコストパフォーマンスが抑えられるので、安いのに成分が色々入っているという商品ほど、多くの添加物が使われていると考えればいいかと思います。

ドラッグストアで安易に購入せず「無添加の葉酸サプリ」を!

上記で説明した理由から、ドラッグストアで安易に安いものを購入するのはおすすめできません。

なので「ドラッグストアで葉酸サプリを購入するのは危険」というのは、必ずしも正しいわけではありませんが、あながち間違ってもいないのです。

もちろん、ドラッグストアでも天然由来成分100%で作られた無添加の葉酸サプリが売っていれば、それを購入し飲むことは何も問題がありません。

けれどそういった表記がない限り、何かしらの添加物は入っていると考えていいですし、なかなか素人の一般人が「どれが安全でどれが危険な添加物なのか見分ける」というのは難しいことです。

それに、添加物の中には、使われていても表記しなくてもいい添加物というのもあります。

このことから、自身で見分けられない限りは、ネット等できちんと成分が確認できるネット販売されている葉酸サプリを飲むことをおすすめしているというわけなのです。

>>無添加の天然酵母の葉酸サプリはこちら


管理栄養士が教える葉酸サプリの賢い選び方